« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

水菜と豚肉と油揚げと

Mizuna
水菜と油揚げを一緒に煮た煮物好きです。
でも水菜と豚肉を煮た煮物もおいしいから好き。

そんな相性のいい食材を一緒に煮込んだらおいしいだろうなと思って作ったもの。
豚肉とごぼう、白ネギ、を細かくたたいてお団子状に。
それを油揚げに詰め込んで水菜と一緒に煮ました。

和風だしにショウガもきかせて。
ころんと一口サイズほどの巾着団子。
なんだかかわいらしい形です。

じんわり煮込まれた巾着団子と水菜。ごぼうの食感もいいアクセントになってくれて、とってもおいしい仕上がりになりました。

レシピはこちら

小さめのサイズなのでお子様にも喜んで食べてもらえるようなそんなお料理です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

中華風のロール白菜

Hakusai_2
丸ごとの白菜をもらったので白菜をつかった料理が最近多くなりました。
白菜今からもっとおいしくなっていくんでしょうね。

そんな白菜を使ったお料理。
ロールキャベツならぬロール白菜です。
大きな葉で豚ひき肉を使ったお団子をくるんと巻いて中華味のスープで煮込みました。
豚ひき肉にはふんわり感を出す為に麩を細かく粉砕したものを混ぜ込んでみました。
その為か仕上がりのジューシーさとふんわり感が美味しくできてました。

レシピはこちら Hajkusai2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日のお昼ご飯に食べたくなった煮魚

Sabanoni
今日のお昼ご飯。

なんだかショウガのきいた煮魚が無性に食べたくなりました。
それにお味噌汁も。
なので今日のお昼ご飯は純和風。
サバの煮付けに大根と人参のお味噌汁。
そして玄米に納豆、お漬け物でした。

久しぶりにどれもシンプルな料理。
こういう食卓たまに恋しくなるんですよね。

もちろんshionも同じメニュー。
特にサバの煮付けが気に入ったようでかなりの勢いでパクパク食べてました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

アーモンドスライスでぱりっと!?

Cookie_1
アーモンドを使ったクッキー。
いつもはアーモンドダイスを使うことが多いのですが、今回は目先を変えてスライスをつかってクッキーを作ってみました。
薄くぱりっとしたアーモンド。

たっぷりと生地に。
生地をカットしてるときから何となく食べたときの食感を楽しみにしてしまいます。
パリッッ。

オーブンでこんがり焼きあげて。
早速一口。。。
あっ、やっぱり。。。

サクっ、、、パリリッッ。
こんな音が響いてくるそんなクッキ−になってました。
このパリリッとした食感もまたおいしいです。
今度は丸ごとアーモンド!?なんて面白いかもですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

豚バラ肉のカリカリサラダ仕立て

Butabarasarda
豚のバラ肉をつかってあっさりサラダを作ってみました。
豚のバラ肉って油がおおくてこってりしてるイメージがありますよね。
でもそん豚さん自身が持ってる油を上手に使えばカリカリな食感をもったおいしいお肉にもなるんですよね。

豚のバラ肉のブロックをスライスして使ったのですが、豚バラの薄切り肉でも十分です。
豚のバラ肉を醤油やニンニク、酒、蜂蜜につけ込んでおいたものをカリカリになるまでグリルで焼きます。
余分な油がぽたぽた。
その分豚のカリカリ度合いはupです。
それを水菜とプチトマトと一緒に和えて、上から醤油ベースのドレッシングをかけて出来上がり。

豚のうまみたっぷりなサラダです。

レシピはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鮭のチャンチャン焼き風

Sake_1
お魚ものをもう一つupです。

鮭をつかったチャンチャン焼き風。
北海道の方でよく食べられる鮭と野菜の味噌焼きのようなもの。
焼くというよりも蒸し焼き!?

鮭といえば、鮭にに含まれるビタミンEは血行をよくして、肩こり・冷え性を予防すると言われてるそうです。
私はかなりの冷え性なんです。
なのでこういう体を温める料理大好きです。

今回は鮭と刻みキャベツ、玉ねぎ、人参、ショウガなどを味噌ベースのタレとともフライパンで簡単に蒸し焼きにして作りました。
野菜もしんなりしてたくさん食べれるのでたくさん使ってくださいね。
味噌の香ばしい味わいとともに鮭を楽しめるお料理です。

レシピはこちら

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

車麩を使って

Teriyaki
車麩。
小麦粉50%、グルテン50%で焼き上げたもので、グルテンで作ったタンパク質源として、ヘルシーで健康的な食材なんだそうです。
煮物、揚げ物、汁の具と幅広い用途で使い勝手が良くて揚げると食感が肉のようで豪華なメニューにも変身!するそうです。
なのでマクロビオティックの料理ではよく使われてますよね。

そんな車麩をブリと一緒に照り焼きにしてみました。
ブリの臭みをとって、車麩を戻して水気を切ったものを焼いて醤油とみりんで照り焼きに。

照り焼きダレがじんわりとしみ込んだブリとふんわりジューシーな味わいをまとった車麩。
上には白髪ネギをあしらってみました。
ブリのうまみがこの照り焼きダレにうつってこの車麩がなんだかよりうまみが増した照り焼きになってました。

レシピはこちら

今度は車麩をつかってどんな料理をしてみようかな。
このふんわりした感じや食べやすさに加え栄養もあるので上手に使えばお年を召した方やお子様、ダイエット中の方にはもってこいの食材かも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

パリパリの揚げ麺にたっぷり中華あんかけ

Katamen

時々無性に食べたくなるんです。
揚げ麺。
ぱりぱりの麺にとろみのあんかけをかけてザクザクって麺をほぐしながら食べる。。。

あんかけは白菜にピーマン、人参、玉ねぎ、豚肉、椎茸など具材たっぷり。
しんなりするまで炒めたら中華ス−プと醤油、酒、塩、黒こしょう、ショウガを加えて煮込んでいって片栗粉で少し固めにとろみをつけて。

それを真ん中をくぼませた揚げ麺の中央に。
サクサク、パリパリ。
餡を絡めたところはしっとり。
この食感の差がまた楽しいのです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

kenさんパンのベーグル

Mangoken1
kenさんのパンもこれで終わっちゃいます。
マンゴーベーグル。
ベーグルの中心にマンゴーがどぉぉ〜〜ん。
マンゴーの甘みが溶け出して色づいてますね。
でもそれだけ甘みがあるってことかな。

中にもマンゴーたっぷり。
一緒にクリームチーズも。
もう何も必要ないですよね。
そのままがぶりですね。

マンゴーの甘さがクリームチーズととけあって。
またベーグルにこのクリームチーズが合ってるんですよ。
本当にsweetベーグルサンドのようなベーグルでした。
Mangoken2

| | コメント (6) | トラックバック (0)

小粒な牡蠣を大きくフライに

Kaki_2
牡蠣大好き。
そのままソテーしてもお鍋にいれてもおいしい。
牡蠣のぷりっとした食感はたまりません。

そんな牡蠣の料理方法で好きなもの。
カキフライ。
揚げたカキフライにレモン汁をぎゅっとしぼって食べるのがまたおいしいですよね。

でも小粒の牡蠣であげてもなんだか物足りない。
なので数は少なくなるけど満足できるカキフライってことで3つ一緒にまとめてあげました。
そしたらコロッケほどのボリュームのあるカキフライに!!
味わいもぎゅっとつまってておいしいカキフライになりました。

カキフライのレシピはこちら

一緒に海老のクリームコロッケもつくりました。
こちらもあつあつトロリなおいしいコロッケになりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

スコーン焼き上がりました

Scone1_1
スコーン焼き上がりました。
いつものクランベリーに今日はオートミールを加えて。
生地はいつもの全粒粉と米粉ベースで。
今回はオートミール入りなので水分量は少し多め。
三角形に成形して少し高めの温度で焼きあげ。

ちゃんと真ん中で切れ目ができて美味しそうに焼き上がってくれました。


Scone2_1
もう一つはシナモンレーズンにオートミール。
シナモンの香りにレーズンの甘み。
そこにザクっとオートミール。
こちらは四角く成形してこんがり焼きあげ。

焼き上がりを味見。
・・・・おいしい。もぐもぐ。
もう一つ。
その場でレシピ書き留めちゃいました。
今度もこのレシピで焼いてみなくっちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

季節のパンは!?

Kaki_1
kenさんところの季節!?のパン。
柿カンパーニュ。
ごろんとした形の中にはこれまたごろんと柿が。
一緒に大きめにカットされたクリームチーズ。
Kakikanpaken2

柿とクリームチーズを一緒に味わったことはなかったのですがおいしい。
柿の熱で溶け出してる甘みがクリームチーズに絡むと一層うまみが増します。
そしてその甘みをもったカンパーニュの生地がまたおいしくなりました。

Murasakiimo
こちらは紫芋のリュスティック。
しっとりしたハード生地に紫芋のペーストいり。
とってもきれいな紫色。
普通のさつまいもより少し甘みが控えめなので食事パンとしても楽しめちゃうパン。
私はたっぷりバターと蜂蜜をつけて食べてみましたが。。
これまた紫芋の味わいにマッチしておいしかったです。
あっさりしていながらもちゃんとお芋の味わいを感じることのできるパンでした。


Murasakiimoken2_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サラダスパイスとラムのハーブ焼き

Saradaspice
GABANのサラダスパイス。
ブラックペッパー、ナツメグ、オニオン、パプリカ、ガーリック、塩などを混ぜ合わせたスパイスでそのままサラダにかけてもおいしいし、お肉やお魚の下味をつけるのにもおいしいですよ。
今回はラムのハーブ焼きにそえたブロッコリーとレタスをこれで合えました。
これだけで野菜がもりもり食べれるんですよ。

詳しくはこちらをどうぞ

もちろんラムのハーブ焼きとの相性もよく。
一皿にいろんな味わいのつまったものになりました。
ちなみにラムはローズマリーとタイム、オレガノ、ニンニクなどをたっぷりまぶしてこんがり焼いたもの。
シンプルながらおいしい味わいでした。

もちろん赤ワインによく合う一皿でした。

レシピはこちら Ramu

| | コメント (2) | トラックバック (1)

kenさんのバトン

Gomaken1
黒ごまのバトン。
気になってたんです。
黒ごまのペーストたっぷりなバトン。

Gomaken2

細長い生地の中にたっぷり練り込まれた頃胡麻のペースト。
黒ごまのほろ苦さが少し前に出てるところも見え隠れ。
でもペースト自体を食べてみると蜂蜜!?のような優しい甘さにしっとりした黒ごまがなじんでました。
生地自体はほんのり塩気がきいてるので少し甘めの黒ごまの部分がちょうどいい感じ。
香ばしさ漂うそんなバトンでした。


Nutken1
こちらはキャラメルナッツのバトン。
キャラメリゼされたナッツぎっしり。
こちらも生地の味わいを考えて食べてみたのですが、、、ナッツの香ばしさと風味にキャラメルの濃厚な甘みが素敵に包まれてました。
生地から飛び出してきそうなほどのナッツの量。
食感の残るほどの大きさのナッツなので食べてるときの歯ごたえでも楽しめるバトンでした。
Nutken2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鱈とエビのシチューと小鉢

Tarashichuu

クラムチャウダーを作るつもりが、、あさり買い忘れちゃいました。
なのである魚介でシチューをつくりました。

鱈に海老、人参、玉ねぎ、キャベツなど野菜もたっぷりいれて。
バターでじっくり炒めた野菜。
そこに軽くソテーしてから加えた鱈。
酒などで臭みをとった海老。
コンソメスープとローリエを加えてコトコト。
牛乳を加えてコトコト。

蓋を開けると魚介の良い香り。
野菜からの甘みと魚介からのエキス。

一つのお鍋の中にいろんな風味と味わい。
温かいスープで体も心もポカポカでした。

シチューのレシピはこちら

そんなシチューのお相手は茄子とプチトマトのバジル炒め。
少しニンニクの利いたもの。
バジルの香りに隠し味の醤油。
白ワインや辛口の日本酒に合いそうな小鉢でした。

小鉢のレシピはこちら Nasu

| | コメント (4) | トラックバック (0)

熱々グラタンの中身は!?

Guratan1
真っ白なホワイトソースと黒こしょうのアクセントをまとったグラタン。

お皿の縁のほうはまだグツグツと音を立ってて。
グツグツ、、、。
そんなグラタンの中身は!?
実はフライドポテトと玉ねぎ、鶏肉、そし大胆にカットしたカマンベールチーズがごろごろ。。。。

なぜフライドポテト!?って思われてる方も!
でもこの組み合わせが実においしい食感を生んでくれたんですよ。
カリカリにあげたポテトに炒めておいた鶏肉と玉ねぎ。
カマンベールをど〜〜んと。
その上に作っておいたホワイトソースをかけてすぐにトースターで焼き目を。
なので下の方にあるフライドポテトはまだカリカリなんですよ。
そのポテトに絡み付くチーズとホワイトソース。。
また炒めた玉ねぎや鶏肉とのコンビネーションもgood。
普通に炒めたじゃがいもや茹でたじゃがいもと違った食感でグラタンのアクセントになってくれました。
もし多めにあげてしまったときなどぜひお試しくださいね。

レシピはこちら

Guratan2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うわわ〜〜kenさんパンが!!

Kurikanpaken1
今朝blogの更新をしていると玄関のチャイムが。
いそいそ出て行くとakkoさんからのサプライズな贈り物が!!

blog更新そっちのけで早速箱を開けさせていただきました。
その中には食べたかったkenさんのパンがたくさん!!!
栗系が2つも!!
うれしすぎます。
早速いただいたパン達の写真撮影!!
そしてつまみ食い(笑)
栗のカンパーニュと栗のリュスティックを少しずつ食べてしまいました。

Kurikanpaken2
栗のカンパーニュ!!これでもか〜〜ってぐらい栗がゴロゴロしてるんです。
それもダークラムにじんわ〜〜りつけ込まれた栗が。
切ったとたん顔がにんまり。
パン生地があっさりした味わいなだけに中の栗の味わいがダイレクトに口に広がりました。
ダークラムにつけ込まれてても栗の味もちゃんと生きてるんです。


Kuriryusuken
栗のリュスティックは栗と小豆たっぷりで作られてました。
重たいのです。
それだけ中身ぎっしりなのです。
小豆の程よい塩気。
栗の素朴な甘さと味わい。
実にいい塩梅。
そうか。。栗の味わいを小豆の程よい塩気や甘みが引き立ててくれてるんだ。
栗のおぜんざいをイメージしてたけど何となく豆大福に栗をいれたらこんな味わいかもってイメージしてしまいました。

Kuriryusu2
akkoさん本当にありがとうございます。
感動です。
残りのパンもおいしくいただきま〜〜す。
そしてレポしますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

蟹とレタスのスープチャーハン

Kanichahan
休日のお昼ご飯。

やっぱり無性にチャーハンが作りたくなるんですよね。

蟹缶があったのでレタスと一緒にスープにして。
チャーハンにかけていただきました。
チャーハンの中身は桜えびにピーマン、人参のシンプルな具材。
ごま油でしっかりいためた桜えびが香ばしい。

そこに蟹とレタスのあっさりした味わいのスープを絡めていただくとまた違った美味しさが生まれてました。

レシピはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

厚揚げでボリュームup

Butamaki
ぶたの薄切り肉。
少しの量しか残ってなかったのです。
それにいまはお給料日前。
お安く、この豚肉をボリュームupさせたいなと思い買ってきた食材。
特売の厚揚げ!と大葉。

豚の薄切り肉に大葉で巻いた厚揚げを包み込みました。
こんがり焼いて醤油とみりんで味付け。
のこった焼きタレを切って盛りつけた所にかけて。

大葉の香りと甘辛いタレでもうご飯がすすむこと間違いなしです。

レシピはこちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お野菜たっぷりピリ辛そぼろ丼

Soboro

お野菜もたっぷり使ってぴりっと辛いそぼろ丼なんていかがでしょう!?
味付けも焼き肉のタレをつかって簡単に。

焼き肉のタレっていろんな食材が使われていてそれだけですごく味わいが豊かな調味料だと思いませんか!?
香味野菜や果物のエキスも入ってるのが味わいを深くしてるんだろうな。
そんなタレを焼き肉だけに使うのはもったいないですよね。

合い挽き肉に茄子、玉ねぎ、ピーマン。
そぼろ丼なのに実はひき肉より刻んだ野菜の方が多かったりして(^^)
それをしっかり炒めて豆板醤と焼き肉のタレで味付け。
それをご飯にたっぷりかけてどうぞ。

レシピはこちら

shion用にはお野菜はもっと小さくきざんで豆板醤のかわりにみりんを加えて味付け。
お野菜たっぷり食べれるそんな丼です。
Soboroshion

| | コメント (0) | トラックバック (2)

かもめ食堂のような

かもめ食堂 を見ました。
すごく入り込んでしまいました。
だって私のやりたいようなことがつまった映画だったから。

もてなす喜び、作る楽しみ、食べてもらえる喜び。
そして何より料理やお菓子を通じて伝えたいことを感じてもらえる喜び。
また何よりおいしいしと感じる幸せを伝える。
それをかもめ食堂という場所を通じて伝えてるそんな気がしました。

この映画の素敵なお料理『握りたてのおにぎり』と『焼きたてのシナモンロール』
自分がおいしいと感じるものでいろんな人に幸せを届ける。

なんて素敵。
私にとっておにぎりやシナモンロールは。。。。

Scone_3 やっぱり『スコーン』や『クッキー』
それに『焼き菓子のケーキ』になるような気がします。
そのスコーンやクッキーやケーキに全粒粉や米粉などの材料を使って作ることで私らしさがつたわればいいな。
また中に入れるいろんな材料を味わってもらえたらいいなって思いました。

Cooki もちろん日頃の料理も。
旬の食材やいろんな食材を使っていろんな味わいをいろんな方にお届けできたら幸せです。
作る喜びや味わう楽しみをもっと感じてもらえるように頑張りたいです。
なんだか改めて食の大事さを考える機会を与えてくれた素敵な物語に巡り会えてよかったです。Cake_2

そしてこのblogを訪れてくださるかたに多くのおいしい幸せをお届けできるようにさらに頑張りたいです。
みなさまよろしくお願いします。

| | コメント (12) | トラックバック (1)

くるくるクッキーの簡単な成形方法!?

1c
くるくるクッキーの成形を簡単にできる方法!?のご紹介。
クッキー生地にラップ、長方形で浅めのトレーご用意ください。

長方形のトレーにラップをひきます。
ここでの内側にぴったりとくっつけて広げてください。
トレーより少し大きめに切ってくださいね。
そこにクッキー生地を薄めに敷き詰めていってください。
0.5cmほどかな。

2c

きれいに敷き詰められたらトレーからラップをそのまま取り出してください。
そしてクッキー生地の上にアーモンドなどのナッツを刻んだものや、レーズンなどのドライフルーツを刻んだもの、シナモンなどのスパイスなどのお好きなものを生地の端をそれぞれ3cmほどのこして全体にのせてください。

3c

長方形の長い方を巻き込んでいきます。
ココで最初に生地をひと折。
そのまま生地をゆっくり巻き込んでいってください。
4c

最後にラップどうしを合わせて生地を軽く押さえて丸く仕上げます。
それを冷蔵庫で寝かせて生地をカットしてください。

5c

生地のカットは1cmぐらいで少し分厚目の方がきれいな巻きのクッキーができあがると思いますよ。
いろんなものをくるくる巻き込んでいろんなクッキーを作ってみてくださいね。
6c

| | コメント (2) | トラックバック (0)

もう一つはマフィンを

Mmafiin
もう一つ。
前回マカダミアナッツをつかったクッキーを記事にしたときにコメントでマフィンは!!って!?ってコメントくださった方がいたので、作ってみました。

マフィンの生地に細かく砕いたマカダミアナッツ。
ブランデーのリキュールも少し加えて風味を。

焼く前に上に大きめに刻んでおいたマカダミアナッツをトッピング。

焼き上がりは上にのせたマカダミアナッツが良い色に香ばしく仕上がってました。
中にも上にもたくさん。
ゴロゴロなマカダミアマフィンの出来上がりです。

ミルクティー飲みたくなります。。。。
さぁいれてこよう、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マカダミアナッツを使って

Mcookies
マカダミアナッツが残っていたのでそれを使ってまたまた焼き菓子を作りました。

くるくるクッキー。
前回のクッキーは生地自体にマカダミアナッツを砕いて混ぜ込んだのですが、今回は生地に巻き込んでみました。
薄力粉にコンスターチ、バター、砂糖、卵黄、蜂蜜、マカダミアナッツ。
この材料。
生地を薄く伸ばしてその生地に蜂蜜を塗って。
その上に刻んだマカダミアナッツをたっぷり振りかけてくるり。
冷蔵庫で生地を寝かせたあとカットして焼きました。

焼き上がるにつれて中のナッツの色が香ばしい色合いに変わって。
出来上がりはきれいなのの字を描いてくれてました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ショウガパワーで美味しく温かく

Iwashi

ショウガのきいた料理が食べたい。。。
そんなとき冷蔵庫にいわしと白菜を発見!!
これをショウガたっぷりきかせて煮込んだら美味しいに違いな〜〜いって思ってさっそく作りました。
いわしだけでも美味しいと思うのですがお野菜も食べたかったので。

ショウガをたっぷりいれた煮汁でいわしと白菜をコトコト。。。
ぐつぐつ。
煮込んでるときの香りがまたおいしそう。

煮込まれてやわらかくなったいわしと白菜。
そして針ショウガ。
ショウガの効果で魚臭さもとれてるし、煮汁もおいしく、体もポカポカ。
なんて素敵。
ショウガパワ〜〜この冬大活躍の予感です。

レシピはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スペアリブと大根の煮物

Supeani
先日のつけ込んでいたスペアリブ。
たくさんつけ込みすぎていたので全部を焼くのは多かったので残りは大根と一緒に煮込みました。

スペアリブ自体に味がしみ込んでいたのでしっかり味しみの煮物になりました。
もちろん一緒に煮込んだ大根も美味しく味がしみ込んでました。

同じつけ込みのスペアリブでも調理方法でいろんな味わい方になるんですよね。
こんがり焼いたのも美味しいけど、煮込んだお肉も柔らかくて美味しかったです。

レシピはこちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日はお弁当の日

Obent
先ほどでき上がったお弁当。
今日はmasa君のお弁当の日。

masa君はお弁当に白い味のついていないご飯をいれられるのが苦手。
冷たくなった白いご飯が苦手。
私も苦手なのでその気持ちは十分わかるつもりです。

なのでそんなmasa君のお弁当のご飯今回はごぼうと鶏肉、人参のピラフに。

ごぼうと鶏肉の簡単ピラフのレシピはこちら

おかずには鮭の大葉マヨ焼き、茄子とピーマン胡麻炒め、白菜と桜えびの炒め物。

鮭の大葉マヨ焼きのレシピはこちら

お野菜もちゃんと食べてもらいたいのでメインと副菜を二つ。
栄養バランスこれでOKかな!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

食を楽しみ味わうような料理やお菓子を

Shion_4

食育・・・いまこの言葉よく耳にしますよね。
その意味合いは、食材や食品、調理といった「食べる事」に始まり、マナーや伝統といった「文化」、更には自給率や国際的な食糧問題などの時事問題に至る「食」に関する多岐に渡った分野についての「教育」のことだそうです。

私的には食をおいしくその食材を楽しんで味わえるようにしていくもののように感じてました。
shionをみていると本当においしそうに食事をします。
こんなのも食べれるの!?って驚くぐらい。
ズッキーニや人参、ピーマンなどの野菜はもちろん、お肉も魚もなんでも食べてくれます。
好き嫌いないの!?って言うぐらい(笑)
私はできるだけいろんな味わいを味わってほしいのでいろんなものを味わわせてるからかもですが。

小さく切ってまぜこんだり、そのまま茹でたものを食べさせたり。
そんなことを通して食というものを感じてもらいたいのです。

お菓子に全粒粉や米粉をつかったり、ドライフルーツを使うのもそういう意味があるかもです。
フルーツの甘みの味わいや粉の味わいを感じさせてあげられるから。

そんなことを思いながら料理を考えたりお菓子を作ったりしてる今日この頃です。
そしてそんな料理やお菓子をこれからもレシピ私の作るお菓子を通してお伝えできればうれしいなと思ってます。

いろんな方に食べる喜びや味わいをお届けしていきたいのでこれからもよろしくお願いします。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

スペアリブの漬け焼き

Pupearibu

そんなワインに合わせたお料理。
スペアリブを前日から醤油ベースのタレにつけ込んでおいたものをオーブンでこんがり焼きあげてみました。
いつもはオレンジマーマレードも加えた漬けダレにつけ込むのですが、今回は醤油ベース。

じっくりつけ込んでおいたスペアリブ。
玉ねぎを下にひいてその上においてこんがり焼きあげ。
焼けたスペアリブはマッシュポテトとともに。
茹でたブロッコリーも添えて。
マッシュポテトにしみ込んだ肉汁のところがまた美味しい===。

レシピはこちら

前菜はトマトとモッツァレラのカプレーゼ。
オリーブオイルに塩、胡椒、レモン汁、白ワインビネガー。
そこにバジル。
シンプルな味付けです。
Tomato_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー

Bwine_1
ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー “ヴィエイユ・ヴィーニュ”《タイユヴァン》

これは本当にお勧め。
あまりボジョレーヌーボに興味のない方にもワインがお好きな方にぜひ飲んでみてほしいそんなワイン。

新酒なのにこの深み、味わい。
色はまだきれいな赤みの色合い。
このワイン飲んだ瞬間に思わず『これ美味しい!!』って叫んじゃいました。
口に広がる果実実がとっても素敵なんです。
チェリーやカシスのような甘酸っぱさが口にふわ〜って広がるんです。
酸味と渋みのバランスもちょうどいいので甘酸っぱさのあとのキレがまた素敵。
ガメイ種でこんな味わいを受けたのは初めて。
とってもびっくりおいしいワインでした。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

クッキーをめぐって!?

Cookie
昨日のランチのあとmasa君はお仕事に行く予定だったので食後のコーヒーとともにクッキーを出すことに。

masa君とshionと共に和風リゾットを食べてmasa君にだけコーヒーと小さなお皿にクッキーをいれて出すことに。
shionは三時のおやつにと思っていたのでここではお預け。
それにたっぷりリゾット食べて満足気にmasa君の隣で遊んでいたので平気かなと思って。

が、、、masa君にコーヒーと共にクッキーを差し出したとたん自分のものだと思い込んでお皿を自分の手元に引き寄せたshion。

『これはお仕事に行くパパのだよ〜、shionは後でね』
といいってmasa君に渡してmasa君はコーヒーとともにクッキーをパクリ。
そのとたん・・・・ウギャァ〜〜〜と鳴き声が。
shionが泣いてしまいました。
抱っこしても泣き止まないshion。
仕方なくクッキーを手渡すとそのとたんニマァ〜〜〜と笑いながらクッキーをほおばってました。

何とも食い意地がはったお子様です(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

どんな型が好きですか!?

Cscone
昨日焼いたスコーン達。

全粒粉、米粉、ベーキングパウダー、バター、てん菜糖、塩、牛乳、レモン汁がベースの生地。
そこにクランベリー。
orange chocolate定番スコーン。
それを四角くカットして焼きあげました。
全粒粉の粉の味わいにクランベリーの甘酸っぱさ。
スコーンを作るときは必ずこのフレーバー作ってしまいます。


Rscone
こちらはレーズンを基本の生地にレーズンを練り込んだスコーン。
今回はサルタナレーズンに、カレンツも混ぜ込んで焼いてみました。
生地を三角形に。
サルタナレーズンの甘さ、カレンツの甘酸っぱさ。
蜂蜜、バターとの組み合わせが最高です。
でも密かに好きな食べ方、、シナモンをクリムーチーズに混ぜ込んだものをたっぷりのせて食べる、、、。
これがまたたまらないのです。
のせてから軽くトーストするのもお勧めです。

Oscone

これは初めての中身。
オレンジカットとココナッツを混ぜ込んだスコーン。
基本の生地は同じです。
丸く型抜きして焼きあげ。
全粒粉の素朴な生地にオレンジの甘みがアクセントになってます。
またいれたココナッツの味わいも好き。
オレンジをダイレクトに感じるなら薄力粉だけど、全粒粉の素朴な味の粉でもオレンジ引き立つかも。
そのまま食べたも美味しい。
何か添えるなら、、、バター!!
またはチョコレートをのせてもおいしいかも!!

スコーン今回は3種の型で焼いたけど皆さんはどんな形が好きですか?
私は案外四角いのが好き。
バターとか塗りやすいし、子供にも持ちやすいし。。。
ぱくっと口にいれやすかと。
orange chocolate scone定番の形、、、どれが良いかな〜〜。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

白菜と鶏肉の和風リゾット

Wafuurizoxtuto
昨日のランチ。

旬の白菜を使って鶏肉と一緒に和風リゾットを作りました。
久しぶりにリゾットを作りました。

昨日は朝からランチはリゾットにしようと決めてたのですが、どんな味付けにしようかなって冷蔵庫をごそごそ。
白菜に玉ねぎ、鶏肉が目に入ってきて。。
・・・・和風リゾットもおいしそう!!ってことで作ったのです。

炒めた玉ねぎに鶏もも肉、そこにお米とスープをいれて。
コトコト。。。少し芯の残る程度に。
白菜はバターと醤油でソテー。
少し焦げ目が付くぐらいに香ばしめに。
出来上がったリゾットに白菜をのせてそして海苔をかけて。

レシピはこちら

のせた白菜からバター醤油の味わいがお米になじんでいったところが美味しく、またのせた海苔の香りがまた和風な味わいに素敵なアクセントになりました。
これはshionのリゾット。
私たちより一回り小さい器にたっぷり。
でも一瞬でぺろりでした。

Wafuurizoxtuto2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

料理をしていたら

Shion_3
今日お昼ご飯を作ろうと思ってキッチンに立っていたら。。。

後ろでガタガタ、、、ゴトン。
ガシャシャ・・・・。
こんな音が聞こえてきました。

振り返ってみるとshionがおままごとセットを取り出してきて同じように料理のまねをしていました。
カシャカシャ。

『shion何作ってるの!?』
の問いかけに手を挙げただけのshionでした。
きっとできたよ〜〜って言いたかったのかな。

でもお昼ご飯ができあがるころにはそそくさと箱に投げ入れてお昼ご飯を催促する食いしん坊さんなのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スプーン型なクッキー

Kokonatu
クッキーかわいく焼いてみたいけど型が、、、。
プレゼントにかわいい感じに。

というときにこんなのはいかが!?
スプーンで型をつくったクッキー。
記事をスプーンにのせてその形にととのえて焼きあげただけなんですよ。
でもこうやってスプーンの上にのせてくるりとラッピングなんてしたらかわいい贈り物になると思いませんか!?

ちなみにこのクッキーはココナッツいり。
サクサク、シャリシャリ。
ココナッツのクッキーは我が家の定番です。

レシピはこちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

残ったキムチで

Kimutini
くるくる巻きで残ったキムチ。
昨夜は寒かったのでキムチをいれてキムチ鍋風な煮物にしてみました。

鍋にだし汁と醤油、みりん、酒、豆板醤を加えたところに白菜、椎茸、白ネギ、豚バラをことこと。
そこに春雨とキムチをたくさんいれて。
春雨にしみ込んだキムチの辛さ。
春雨をズズッとすするたびに鼻に抜ける辛さがたまりません。
体の中からポカポカです。

レシピはこちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マカダミアナッツで

Makadamia
そのまま食べてもおいしいマカダミアナッツ。
大きめのナッツ。
かりっとした歯ごたえとまろやかな香ばしさの味わいを持ってますよね。

そんなマカダミアナッツを砕いてクッキーにいれて焼いてみました。
実は母のリクエストでいれて焼いてと買い置きしてあったのです(笑)

早速薄力粉に米粉、砂糖、バター、卵黄などの記事にたっぷり。
ナッツの塩気を考えて砂糖を少し多めに。
四角く成形してこんがり焼きあげ。

レシピはこちら

できあがったクッキーはサクサク、、、ナッツのカリッッ。
甘さもちょうどいい感じの出来上がりになりました。

マカダミアナッツ入り。。また作ろう。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

キムチと大葉のくるくる巻き

Kimuti
安くておいしい料理。
そしてお酒にも合う。

油揚げでキムチと大葉をくるりと巻いてごま油でこんが〜〜り焼いたもの。
焼きあげたカリカリの油揚げにポン酢をつけて。
中のキムチの辛さと大葉の香りや味わい。
それをポン酢がまとめてくれます。
ここにスライスチーズをまいても美味しいのです。

油揚げの表面をカリカリこんがりに焼くのがポイントです!!

レシピはこちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

椎茸の肉詰め煮込み

Shiitake

ボジョレーヌーボに合わせてみたお料理。
ボジョレーヌーボ自体が飲みやすい感じの軽い赤なので和食でも良いかなと思い作りました。
でもこのお料理は日本酒や焼酎の方があうかも。

椎茸に豚のひき肉で作った具材をつめて白菜と一緒に煮込みました。
その残った煮汁は片栗粉でとろみをつけて上からトロ〜〜リ。
熱々をどうぞ。

レシピはこちら

お団子が椎茸の帽子をかぶってるみたいでなんだかかわいい感じの煮物です。
shionには椎茸を小さく刻んで中にいれて肉団子にして煮込みました。
あっという間に完食でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャン・ド・ロレール ボージョレ ヌーボ

Bwine
ジャン・ド・ロレール ボージョレ ヌーボ2006

やはりワイン好きとしては気になってしまい。。
近所の酒屋さんで購入してしまいました。
とりあえず味を知りたかったので。

前評判では2003年に並においしく出来上がってるということでワクワク試飲。
今年のボジョレーヌーボは香りが豊!
果実の香りが若いワインなのにしっかりしてました。
飲み口は軽めで少し飲みやすくし上がってると思います。
渋みと酸味のバランスもちょうど私には飲みやすい感じでした。

ほかのボジョレーヌーボも気になります。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

sconeはこちらを

Bsweet2
チーズとハーブのスコーン。
スコーン生地にパルメザンチーズとハーブ、そして黒こしょうを加えて作りました。
黒こしょうのぴりっとした味わいがアクセントになってます。
前菜のときに生ハムなどをそえていかがでしょう。
また休日のブランチにパンのかわりにも良さそうです。

もうひとつはシナモンとカレンツのスコーン。
シナモンをきかせた生地に甘酸っぱいカレンツ。
レーズンより甘さ控えめなカレンツ。
シナモンの利いた生地に程よい甘さで素敵なアクセントに。
軽い口当たりの赤ワインにきっとあいそう。。
Bsweet3


今回のsweet便気に入ってもらえたらいいな。
またおいしい幸せをお届けできていればうれしいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

cakeとcookieは

Bsweet1
いちじくとスパイスのケーキ。
米粉をベースにした生地に赤ワインにつけ込んでおいたいちじく。
それに合わせてシナモン、オールスパイス加えて味わいと香りをプラス。
そして少し赤ワインも練り込んで。
表面はさくっとした食感ですが中はしっとりと仕上がってます。
スパイスの香りと赤ワインをたっぷり含んだいちじく。
このケーキはヴァンショー(ホットワイン)をイメージして作ってみました。

Bsweet5

ナッツのソルトクッキー。
香ばしいナッツに塩気をきかしたクッキー生地。
四角く一口で食べれるサイズに。
程よい塩気にナッツの香ばしさがいい感じに引き立ってます。
案外日本酒にもあうかもしれないです。


Bsweet4
ココアとオレンジのクッキー。
シンプルなクッキー生地にオレンジを加えたもの。
その生地でほろ苦いココアのクッキー生地を包み込みました。
中心部はココアの味わい。
外側はオレンジのさわやかな甘さ。
2種が重なるところの味わいはほろ苦さとさわやかな甘さのの素敵なコラボ。
いろんな味を味わえるそんなクッキーです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

orange chocolate sweet便 〜ボジョレー・ヌーボとともに焼き菓子がおいしいこの時期に〜 仕上がりました

Bsweet7

今日解禁となったボジョレーヌーボ。
そんな日にsweetを焼きあげ、sweet便にしてお贈りました。
ボジョレーヌーボに合わせていただいてもおいしく食べられるようなsweetに仕上がっていたらいいな。


Bsweet8

| | コメント (4) | トラックバック (0)

残った煮汁で煮込みうどん

Udon
手羽元から出たエキスと昆布のきいただし汁。
このおいしい煮汁をそのまま捨ててはもったいないと思い。。。

このだし汁で煮込みうどんを作りました。
寒ーーい時期にいいお料理ですよね。
白菜に椎茸、白ネギ、豚肉、油揚げなど具沢山。
ぐつぐつ煮込んで最後にうどんをいれてまたぐつぐつ。

温かそうな湯気が食欲をかきたててくれます。
器に入れてお汁もたっぷり注いで。

お好みで一味をかけて。
ズズっっっとどうぞ。
この音がまた美味しさを表現してますよね。

レシピはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手羽元と大根の煮物

Tebamoto_1

前回はフライドチキンにした手羽元。
それを今回は大根と一緒に和風だしと昆布でじっくり煮込んでみました。

骨付きな手羽元と煮込むと骨の中からもエキスが出てくる気がしませんか!?
そんなエキスを含んだ大根はまたいい味わい。

じっくり煮込んだだけに食べるときは骨から実がホロリと崩れ落ちるように柔らかくなってました。
うーん、大根もだしがしみこんでおいし〜〜い。

もちろんこの煮込んで鶏のだしがしみ出しただし汁は再利用です。
だってうまみの宝庫になってるんですもの。

レシピはこちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Happy Beaujolais

BeaujolaisBeaujolais解禁になりましたね。
0時を境にあちらこちらワイン好きな方が赤くきらめくボジャレーをグラスに注いで。。。
そんな光景が目に浮かびます。
残念ながら我が家はいつ飲めるか、、、。
週末には飲めると良いのですが。
気持ちだけでもお祝いです。

前評判では2003年並に良い出来だそうですが、、。
もうお飲みになったかた今年の出来はいかがですか!?
わくわく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

jam!

Jamjam!!
私の家の冷蔵庫には必ずといって何種類かのジャムが入ってます。
ほんと常備品のようにドーーンと構えてます。
ブルーベリーにマーマレードは定番!
そこにいちじくやりんごのものなどが加わっていったりしてます。

甘さ控えめで粒が残ってるタイプの者が好き。
その果実そのものの味も味わえる気がするからです。

でもジャムってパンだけじゃなくてチーズにもスコーンにもあわせられるし、お料理やお菓子に使えるのである意味万能選手ですよね。

ちなみに今の私のお気に入りは妹の仙台のお土産、くだものやいたがきさん の蜂蜜だけで作られたブルーベリージャム。
甘ささわやかでとっても美味しいんです。
でも蜂蜜のみで作られてる為賞味期限が短い。
美味しいのに早く食べないといけないのはさみしいです。。
後ドライフルーツがお好きな方にお勧めなのはイグレックプリュスのその名もドライフルーツ です。
ナッツも入ってるのでそのままパクパク食べちゃいそうな危険なジャムですがおすすめです。

気になってるのはコンフィチュール エ プロヴァンスさんのコンフィとクリスティーヌ・フェルベールさんのコンフィです。
特にクリスティーヌ・フェルベールさんのコンフィは一度は食べたみたいです。

みなさんおすすめのジャムとかあったらぜひ教えてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベーグルジャム

Jam2ベーグルジャム。
その名前の通りベーグルに合わせて作られたジャム。

ベーグルに合う、クリームチーズに合う、厳選した素材、低糖度の5種類の個性的なフレーバー。

ベーグルが大好きな方の意見などを取り入得れ作られただけあってどれも本当にベーグルに合うんです。
私のお気に入りはコンフィチュール エ ミルティーユ 〜ビルベリー仕立てです。
つぶつぶ感が残るブルベリーにビルベリー。甘さ控えめでクリームチーズとの相性もgood。
もちろん青カビのチーズとも。
ブルーベリーベーグルにゴルゴンゾーラとこのジャムを挟んで食べるのが今のお気に入りです。

実はこのジャムに添えてあるレシピに私の考えたレシピが。。。
なんだかうれしい。
気になる方こちらから 購入できるのでよければお試しください。
Jam1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すりごまを使って

Gomacookies
昨日のすり鉢の中のすりごまを使って作ったもの。

胡麻のクッキー。
香ばしい香りをかいでいるとふとクッキーにしてもおいしいだろうなと思い、その場でバターを溶かし始めてしまいました。
バターに砂糖に蜂蜜に薄力粉に米粉。
そこにすりたての胡麻といりごま。
卵は不使用で。

焼く前にまたもやいりごまをトッピング。

焼き上がったクッキーからは香ばしい胡麻の香り。
一口ほおばると蜂蜜やてん菜糖のやさしい甘さに胡麻の味わいがちょうどいい感じに。
卵なくてもちゃんとまとまって、しっとりほろり。
緑茶やお抹茶や紅茶に合わせて楽しめそうです。

レシピはこちら

| | コメント (6) | トラックバック (0)

サバの揚げ漬け

Saba_1
翌日に用事があったりするときやお菓子をたくさん作るときなどよく作るもの。
それは揚げ漬け。
南蛮漬けだったり、揚げ浸しだったり。
前日の晩から
つけ込んでおくと翌日のお昼ご飯にちょうど味がしみ込んでるのです。
先日もお菓子をたくさん焼く日があったのでその日の翌日にと思って仕込んでおいたもの。

サバとこんがり揚げて中華ベースのタレに揚げたレンコンとスライスした玉ねぎと一緒につけ込んでおきました。
胡麻の香りと少しニンニクのきいた味がサバに浸透。
とってもおいしくなってました。

レシピはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

憧れてたすり鉢

Goma1
実はずっと憧れた。
すり鉢で胡麻をすること。
というか自分のすり鉢がずっと欲しかった。

小さなすり鉢だけど買ってきました。
なので早速胡麻をすってみました。
Goma2

ゴリゴリ。。。ゴリゴリ。。。
すっていくたびに胡麻の香ばしい香りがより立ってきました。
なんだか楽しい。
そんなすりたての胡麻から生まれたもの。
キャベツと人参の胡麻和え。
masa君は豚の生姜焼きに添えて。

Gomaae

shionはチキンの生姜焼きに添えて。
お昼ご飯の立派なお供に変身です。
二人とも美味しそうにたべてくれました。
すりたての胡麻は香ばしくまた香りも豊か。
満足です。
実はもう一つこのすりごまから変身したものが。。。
それはまた明日upしたいと思います。

Gomashion

| | コメント (8) | トラックバック (0)

中華な日 part2 春巻き編

Harumaki_1
チャーハンのお供に作った春巻き。

中身は、、、、。
ほうれん草に鶏もも肉、そしてカッテージチーズ。
味付けはカレー味。
なのでちょっとインドの融合です。
そんな中身を皮でくるりと巻いて揚げずに焼いてみました。
この方が少しでもヘルシー。
それに皮がきれいに焼き上がってくれるし。

パリパリの皮の下からたっぷりのほうれん草とチーズ。
そこに鶏もも肉の食感と味わい。
こういう春巻きもおいしいです。

レシピはこちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中華な日  part1 鮭のチャーハン編

Sakechaaha
中華な日。
時々やってくる。
チャーハンを無性に作りたくなる日。
ご飯と何をあわせようかって考えるのが好き。
味付けどうしようか悩むのも好き。
炒めていってパラパラになってくれるともっとうれしい。

今回は鮭を使ったチャーハン。
鮭にピーマンに人参、玉ねぎ。
最後のトッピングはもみ海苔!!
この海苔がとっても良いアクセントなんですよ〜〜。

レシピはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴルゴンゾーラ・ピカンテとブルーベリージャム

Bcheeze
『ゴルゴンゾーラ・ピカンテ』は、青カビもしっかりと入っていて、ピリッとした青カビの辛みをもったチーズ。

青カビのチーズ昔は苦手でした。
どうもあのぴりっとした辛みが、、、。
でも以前ゴルゴンゾーラ・ドルチェを食べ青カビのおいしさに開花してしまったのです。
それからはチーズを買うときは必ず青カビ系は一つは買ってます。

まずはそのまま食べそのチーズの味を楽しみますが、その後は必ずと言っていいほどジャムや蜂蜜を合わせています。
青カビ系にはだいたいいちじくのジャムにシナモンをかけて合わせていたのですが、、、先日発見したのです。
甘さ控えめのブルーベリージャムをゴルゴンゾーラ・ピカンテに合わせたら美味しいと!!
それ以来いちじくとブルーベーリーをいったりきたりして楽しんでます。
ほかにどんなものが合うかな。
そういえば栗の蜂蜜のような少し濃厚な味わいの蜂蜜も合わせたらおいしかったな〜。

青カビ系のチーズの練り込まれたパンにブルーベリージャムを塗ってもおいしいんだろうな〜。
今度ぜひ試してみよう。
もしお菓子にするとしたらマフィンにブルーベリーとチーズを角切りにしていれ込むとか!!もおいしそう〜。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

米粉で

Dsc01819
米粉だけを使ってクッキー作りました。
中にはアーモンド。
小さく丸めてパクっと一口サイズ。

焼き上がって冷めたクッキー。
こうやって小さな瓶にいれてます。
こんな感じでクッキーがあるとついつい手が伸びてしまいます。
でもなんだか落ち着くのです。

最近米粉をお菓子作りのときに必ず使ってます。
サクサク感をだしてくれたり、ケーキにしたらしっとり感を与えてくれます。
全粒粉も大好き。
あの香ばしい感じがとても好きなのです。
これからのorange chocolate sweetは基本的に米粉や全粒粉を使ったものを中心に使ってと考えてます。
スコーンやクッキー、焼き菓子に。
どんなお菓子が生まれるかな。
そろそろ定番もの考えよう。。。。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

香草入りのパン粉をまとったイワシで

Aji
きれいな色で張りのあるイワシを発見!!
イワシって手で簡単に開けるから下処理も楽。

確か家にパン粉が、、、。
そんなこともあってイワシを購入しました。
家に帰って頭を落として内蔵をとのぞいて開いて骨を取り除いて。

パン粉にタイムやローズマリーなどの香草を混ぜ込んで。
塩と胡椒をしておいたイワシを卵白に通した後香草パンををた〜〜っぷりつけて。
今回はオリーズオイルを熱したフライパンでこんがり焼いてみました。

なんとも香ばしい感じに焼き上がりました!!
サクサク。
といい音とともに召し上がってください。

レシピはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Poggio al Casone 2002

Wine_2

Poggio al Casone2002
先日飲んだイタリアの赤ワイン。

チェリーのようなさわやかな果実を感じさせてくれたワイン。
酸味や渋みのバランスがよくて軽い飲み口。
チェリーのような果実を感じさせ、時間が経つと少しコンポートされたもののようにしっとり落ち着いてくる。
最初は軽めなのに少しずつ木の実の香ばしさが出てくるころ口に残るような酸味がまたおいしいワインでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レンコンがメインの煮物

Rennonn_1
こちらは今の時期おいしいレンコンをメインに煮込んだ煮物。
レンコンってビタミンCが多く含まれてるんですよね。
なので寒くなっていくこの時期良いのかも。
それに根菜なので体を温めてくれますものね。

レンコン独特のシャキシャキっとした食感をのこしておきたかったのであまり煮込みすぎず。。。
ほかの食材が柔らかくなっていたのでこのレンコンの食感が良いアクセントになりました。

レシピはこちら

| | コメント (4) | トラックバック (0)

めざせふんわりジューシーなフライドキチン!!

Tebamoto
最近とっても寒くなってきましたね。
朝やよるの冷え込みもどんどん深まってきましたね。

そんなときやっぱり熱々のもの食べたくなりませんか!?
なぜだかふと揚げたてカリカリジューシーなフライドチキン食べたくなったのです。

なので鶏の手羽元をじっくりつけ込んで粉をつけてこんがり揚げてみました。

手羽元を使ったのは何となく手でもってかぶりとかぶりつきたかったから。
ジャンキーな感じで食べたかったのです。

でもこれは本当にサクサク!!ジュワ==っていう音が当てはまってくれました。

レシピはこちら

| | コメント (6) | トラックバック (0)

あっさりした仕上がりのパテドカンパーニュが出来上がりました

Patedo2
豚肉で作るパテドカンパーニュ。
前回はソーセージベースのテリーヌを作ったのですが、基本的なパテドカンパーニュにも挑戦してみようと思い作ってみました。
豚バラ肉、豚ロース、玉ねぎ、ニンニク、パン粉、卵、塩、胡椒をつかったもの。
豚肉をひき肉にして炒めた玉ねぎ、そこにニンニクやパン粉、卵を加えて、塩、胡椒で味付け。
それを氷水にあてた状態でつやが出るまで混ぜ込んで。
型につめて上にローリエとタイム。
それをオーブンで1時間蒸し焼き。
出来上がったら重しをしながら冷ましていきます。
Patedo1

作った2日後からが食べごろです。
そのぐらいになったら味が中までじんわりしみ込んでおいしい状態に。

そのパテドカンパーニュをサラダ仕立てにしてみました。
相性の良いマスタードを使って、マスタードにレモン汁、オリーブオイル、黒こしょうを混ぜたもの。
作り置きできるのでこういうメインにした次の日の残りでおいしくサンドイッチ。
そんな楽しみもいいですね。
Patedo3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Orange chocolate sweet便 〜ボジョレー・ヌーボとともに焼き菓子がおいしいこの時期に〜

Bojyo2
フランスのブルゴーニュ地方のボジョレー地区で、その年に収穫したブドウで作った新酒、ボジョレー・ヌーボ。
毎年11月の第3木曜日が解禁。
日付変更線の関係で日本が一番早い解禁を迎え楽しむことのできるワイン。

そんなワインを楽しめる日が迫ってます。
私も毎年楽しみにしてる日です。
そんなボジョレーのお祝いもかねて焼き菓子がおいしいこの時期に今回sweet企画をしてみました。

年に一度のその日に一緒に楽しんでもらえたらうれしいなと思って。
またワインやお酒が好きな私にとってお酒と一緒でもおいしく食べてもらえるような焼き菓子を考えていこうと思ってます。
お酒を飲む人、飲まない人が同じ場所で一緒においしい時間が過ごせるそんなsweetがあれば素敵。
同じ時間を楽しくしてくれるそんなsweetをご提案していけたら幸いです。

その先駆けでこの企画をしてみました。

詳細
『内容』
ボジョレーを祝って。orange chocolate 的sweetを

『送れる方の人数』
3名ほど(材料費などの都合で)

『希望方法』
ゆうパックの送料を負担していただける方
今までにコメントしてくれたコトのある方(もし希望があればコメントされたない方でも気になってる方であればどうぞ)
お送り先を14日までにお知らせしてくださる方(それ以外個人情報は利用しません)
お菓子のご感想いただけたらうれしいです。
以上の内容で

『応募期間』
11月11日 pm6:00まで

締め切らせていただきました

下記のメール送信からお名前とメールアドレスをボジョレーを祝ってsweet便希望でメールください。
よろしければご希望お待ちしてます。
11月18日到着予定にしています。
お届け差し上げる方には折り返しメールさせていただきます。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

こんなsweetも

Dcake
コアントローにつけ込んだレーズンやクランベリー。
それを米粉のしっとりした生地に練り込んだケーキ。
米粉にバター、てん菜糖、卵でつくった生地にコアントローにじっくりつけ込んだドライフルーツ。
それを混ぜ込んで1日寝かせてから焼きあげたケーキ。
生地にオレンジの風味とドライフルーツの甘みがとけ込んだケーキになりました。
シャンパンにあいそうなそんなケーキです。

Dcookie

こちらはハーブのソルトクッキー。
塩気のきいたクッキー生地にローズマリーを加えて焼きました。
簡単につまめるように棒状に。
塩気のほんのりきいた生地にローズマリーの香り。
赤ワイン片手に楽しんでもらえるかな。

最後はスパイスとレーズンのクッキー。
シナモン、オールスパイス、ジンジャーのきいた生地に甘みのアクセントでレーズンを。
米粉配合なのでザクザクっとした食感も。
これも赤ワインやサングリアに合わせて考えてみました。
もちろんミルクティーにも合いそう。

Dcookie2

こうやってその方のご依頼に応じてその方の為だけにお菓子を作り上げるのはとても楽しく光栄です。
少しでも喜んでもらえたらうれしいですね。
どうかなマリアージュdoorさん 楽しんでもらえたでしょうか!?

| | コメント (6) | トラックバック (2)

スコーンを3種類

Dchescone
スコーンを3種類
まずはパルメザンチーズとアーモンドを組み合わせたスコーン。
薄力粉に米粉、砂糖を控えめで塩きかせて。
そこにパルメザンチーズと香ばしさを演出してくれるアーモンドを加えて。
これは赤ワインのお供にいいかなと思い作りました。


Doscone
次はココアのビターな生地にオレンジピールを練り込んだスコーン。
ココアのほろ苦さにオレンジピールの甘酸っぱい感じ。
きっとシャンパンやサングリアの果実に合うかなと思い作ったものです。

最後はやっぱり定番。
oranege chocolate のクランベリーです。
全粒粉に米粉で焼きあげたクランベリーのスコーン。
赤ワインやサングリアとの相性よさそうです。
でもミルクティーやストレートの紅茶ともいい相性ですよ。
Dcscone

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プレゼント便

Dbox1
doorさん からご主人のお誕生日の日にワインやシャンパンと合うお菓子のご依頼を受けてお菓子を作ってみました。

サングリアや赤ワイン、シャンパンにあうお菓子。

Dbox3

サングリアは果実の甘さ。
シャンパンはほのかに甘く、スパークリング。
赤ワインの果実やスパイス。

そんなイメージをすべて複合して考えたスイーツをお贈りしました。

Dbox2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

くるくる豚で

Buta_1
豚の薄切り肉に大葉とスライスチーズと梅肉をくるくる。

梅肉は梅干しをたたいてみりんと醤油、胡麻でのばしたもの。
胡麻をいれたのは味のアクセントになるかと思って。

チーズを一番内側にいれて飛び出してこないように注意。
その上に梅肉、大葉、、最後に豚肉でくるりん。
小麦粉をはたいて、卵をつけて、パン粉をしっかりつける。

それを170度でこんがり揚げるだけ。
半分に切ったらこんなにかわいい断面になってました。
おいしいくるくるです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さつまいものアーモンド和え

Satumaimo_1

さつまいもとアーモンド。
これを一緒にしたらおいしいお菓子になるんだろうな〜ってふと思いました。
なのでさつまいもをスティックにしてカラリと揚げてそれにアーモンドでコーティング。

作り方はすごく簡単。
バターを溶かした鍋にアーモンドをいれてこんがり色がつくまで煎って、そこにお水と蜂蜜を同量加えて煮詰めてトロリとしてきたら揚げたさつまいもを加えて絡ませるだけ。

これがついつい手が伸びちゃう禁断のお菓子になってしまいました。
アーモンドの香ばしさがさつまいものほっくりした甘みに良いアクセントです。

レシピはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (1)

アーモンドのソルトクッキー

Shiomi
母が雑誌を見てて
『この塩味のきいてるクッキーおいしそ〜、アーモンドもいっぱい入ってるよ〜』
って言ったのをきいて作ったクッキーです。

有塩バターを使い少し砂糖を控えめにしてアーモンドの塩分も考えた上で少し塩を利かせてみたクッキーです。
中にも周りにもアーモンドをたっぷり。
母はナッツ系が好きなのでたくさんいれて焼きあげました。

周りのアーモンドがカリカリ。
クッキー生地はサクサク。
おいしくはできたのですが、もう少し塩加減を研究です。
砂糖を控えるより上に岩塩などを添えたらいい感じになりそうです。

これは甘めのカフェオレとか合いそうです。
または、、、赤ワイン!!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

切り落としマグロでハンバーグ

Maguro1
マグロをサクで買うと結構高いですよね。
刺身でも高い。。。
でも切り落としは量が結構入っててお求めやすい価格。

でも欠点はスジが多くて食べにくい。。
それに脂ののりがいまいちなんですよね。

そんな切り落としを利用してマグロでハンバーグを作ってみました。
こうすることで少しの量でも満足できるんです。
上からは和風のあんかけで。
わさびを添えて食べるとまた格別です。

レシピはこちら

下には大根とかぼちゃのソテーを。

shionはこの日はチキンのハンバーグ。
何となくわさび添えたマグロよりこちらの方が好きそうだったので。
でも大根とかぼちゃはお揃いでした。

Maguro2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レシピ

いつものレシピを少しアレンジしてみました。
イラストをつけてみたのですが、、。
アレンジしたレシピメモはこちら
今までのと少しイラストで説明したものどちらがお好きですか!?
イラストそんなに上手ではないのですが(笑)
よろしければご意見お聞かせくださいね。

またこんな食材でやいろんなリクエストもよろしければお聞かせくださいね。
食材のアレンジや旬のものを少しでもおいしく変身させていけたらいいですね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

オレンジ香るチーズのクッキー

Creamcookie
また残ったクリームチーズでクッキーを作ってみました。
今回は生地に混ぜ込まず中心部にイン!!

生地にオレンジマーマレードを練り込んで。
なので生地からはオレンジの香りが漂い、中心部のクリームチーズとのバランスと保ってくれました。

周りの生地はザクっとして、中心に行くにつれしっとりとした食感のクッキーになりました。
そのままクリームチーズを中心にいれ込んだのですが、次作るときはここをアレンジした方がいいかも。
なのでまだ研究段階のクッキーですね。
でも味わいは思ってたよりよくてまた発見なのでした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

トマトジュースで簡単チキンの煮込み

Tikin_1

チキンのトマト煮込みがなんだかとっても食べたくなりました。
家に茄子やピーマン、玉ねぎはあったのですが、、、トマトやトマトの水煮缶がない。。。

冷蔵庫をのぞいているとトマトジュースの缶があったのでそれを使って作ってみました。
トマトジュースってあんまり飲まないのですがこうやって料理に使うのもよいものですね。
トマトの甘みが味わえるし、妹みたいにトマトの原型(実)が入ってるのが苦手な人でも大丈夫だし。
食塩不使用ならある意味缶をわざわざ裏ごしするより便利かも。

これからちょくちょく活躍しそうです。
ローリエやオレガノをくわえて煮込めば立派なトマト煮込みの感性です。
クスクスを添えていただきました。

レシピはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バースディケーキを

Birth
妹に頼まれていたお友達へのBirthdayケーキを焼きました。

リクエスト通りスフレチーズケーキ。
前回の試作したおかげでスムーズに作業はできました。

自分なりのアレンジでレモン汁の代わりにオレンジのリキュールを少しくわえてみました。
それをそのままプレゼントできるように耐熱皿に生地を流し込んでふんわり焼きあげてみました。

予熱がとれ冷めたところに粉砂糖でデコレーション。
シンプルに『Happy birthday』

少しでもおいしく喜んでもらえたらうれしいな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

orange chocolate sweet便 変更のお知らせ

orange chocolate sweet便少し変更しました。
お酒が飲めなくてもそんな場でみんなでおいしく食べてもらえるようなものを。
そしてお送り日を週末にしました。

なのでお酒が飲めなくてもこの秋の焼き菓子がおいしい時期に味わってもらえるようなものを。
だって焼き菓子が本当においしい季節ですもの。

おいしく焼き菓子もテーマに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鯖と白菜のショウガ煮で体ポカポカ

Saba

おいしそうな生サバの三枚おろしが売られてました。
さっそく購入。
久しぶりに煮魚もいいなあって思って。

旬の白菜と一緒にたっぷりなショウガと一緒に煮込みました。
白菜からの水分も考えて少し濃い味付け。
でも煮えたころにはいい味になってました。

またこのたっぷりなショウガ。
サバの臭みもとれて、またショウガの効果で食べた後体がなんだかポカポカでした。

ご飯のすすむ味わいにもなってました。
新米の季節、ぜひ白いご飯とどうぞ。

レシピはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3時のおやつ発見

いつもshionはこうやっておやつ食べてます。
机においててもすぐにそばに持ってきて目の前でパクリ。

このシナモンレーズンクッキーもおいしそうに食べてました。

Shion_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シナモンレーズンクッキー

Shinamonncook
大好きな組み合わせでクッキーを作りました。

シナモンとレーズン。
この組み合わせ好きです。
これらを全粒粉と米粉を配合した生地にいれて焼きあげてみました。

なんとなくつまみやすいようにスティック状にして。

シナモンの香りとレーズンの甘み。
やっぱり好きです。
これはミルクティーに合わせるのが一番好きです。

いれ込むレーズンをラム酒漬けのものにしたらお酒にもあうクッキーになりそうです。
そのときは甘めの赤ワインかな〜。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2種の春巻き

Harumaki

2種類の春巻き。
1つは定番!?白菜に椎茸、豚肉の中華味の春巻き。
たっぷりの白菜でヘルシー。
shionも食べやすいように今回は豚のひき肉で。

もう一つは里芋とベーコンの春巻き。
こちらは洋風な春巻き。
里芋とベーコン以外にカッテージチーズも入ってます。
味付けはマヨネーズ、マスタード、塩、胡椒など。
揚げたら中の里芋がホックリ。ベーコンもカリカリ。
おいしく出来上がってくれました。

レシピはこちら

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャベツと鶏のパスタ

Pasuta1

休日最後の日のランチ。
平日はなかなか登場させることのできないパスタ。
パスタはできたてを食べてもらいたいから。
なのでもっぱら休日のランチに作ることが多いです。

昨日はキャベツと鶏肉でパスタにしてみました。
味付けはコンソメベースに醤油やバターをくわえて。

レシピはこちら

shionにはマカロニをゆでてその上にソースを。
この方がまだ食べやすいみたい。
細く長いパスタはまだすすりきれないみたいなので。

これまたすぐにぺろり。
足りな〜〜いって叫んでました(笑)

Pasuta2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりに妹とデート in 神戸

昨日は久しぶりに妹と神戸にデート。
shionを預けて行ってきました。

妹と二人で出かけるのは久しぶりでしたがとっても楽しくお出かけできました。
まずはハーバーランドで妹のお気に入りの洋服のお店でお買い物。
私はその間に近くにあったサンクルーゼのお店で調味料など気になる食材をチェック。
姉妹といえども興味をそそられるものは全く違うんです(笑)

その後元町のモンプリュでお菓子の材料などを買ってランチへ。

Kobe2


                                                                                                                                                   大好きな『organ』でスコーンランチ。妹はベーコンと野菜のキッシュランチでした。
この日のサラダはカブと野菜のアンチョビソースのサラダ、キノコのポタージュ、プチデザート(チーズケーキ)でした。
やっぱりココのスコーンのほろっとした表面と中のしっとり感は病み付きです。

その後は本屋さんなどに行って家路に。
いろんな話をしながらとても楽しい時間でした。

また行こうね。

Kobe1

| | コメント (10) | トラックバック (0)

シャブリと言えば。。。

Kaki
シャブリに牡蠣。

このマリアージュはもうご存知の方多いのでは!?
牡蠣の持つ味わいにシャブリの柑橘系のさわやかさがあいまり、またミネラル感の相性がいいのでしょうね。

このマリアージュを試すべくこのワインに牡蠣の料理。
生食用のおいしそうな牡蠣を買ってきたので、今年初ものということもありなるべくシンプルに食べたと思い作りました。
牡蠣のソテー レモンバターソース。
 
牡蠣からでた味わいもソースに。
なのでそのソースもちゃんと味わえるように蒸してただつぶしたじゃがいもを牡蠣の下に。
じゃがいもに溶けこんだソース。
これがまたおいしかったです。

レシピはこちら

さてワインとのマリアージュは・・・。
牡蠣の独特の味わいにシャブリのさっぱりした余韻がちょうど口の中で良いバランスを生んでくれてました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

PETIT CHABLIS  2004

Wine_1
パリのコンクールで金賞を受賞したというシャブリ。
価格は1700円とお手頃。
透き通って黄色というより黄緑の色合い
グレープフルーツのようなさわやかな柑橘系で清涼感のある香り。
味わいはボリューム豊かで、果実味が豊かに伝わってきます。
酸味と果実の味わいがすごく良いバランスのワインでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

里芋と鶏肉のオイスターソース煮

Satoimo1

じんわり、こっくりした味わい。
里芋のねっとりとした食感。
里芋の粘りが中華だしに溶け出して煮汁がとろり。
この煮汁がごま油で焼いてから煮込み始めたチキンとチンゲンサイに絡んでとってもおいしい。

里芋も中まで味がしみ込んでほくほくねっとり。
このとろっとした煮汁をご飯に少しかけたら・・・・また何ともとろみがいい感じに絡まっておいしいのです。
そのときはショウガを少しおいても美味なのです(にんまり)
shionも口のなかで里芋を少しもたつかせながら大きなお口で食べてました。

レシピはこちら

Satoimo2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

骨付きチキンの詰め焼き

Tikin
骨付きチキン。
そのまま焼いてもジューシーでおいしいですが、骨付きって案外食べるところが少ない。
でも骨からのエキスが溢れ出してきておいしいお肉でもあるんですよね。

今回はそんなお肉をボリュームupさせてなおかつにくのおいしさも存分に味わえるお料理。
お肉の中にキノコと玉ねぎ、カッテージチーズなどを詰め込んで糸でしばってオーブンでこんがり焼きあげました。

中の具材やチーズの味わいがチキンへ。
チキンのジューシーさが中の具材へ。
レモン汁をぎゅっとしぼって食べたらまたさわやかに。

レシピはこちら

そんなチキンに合わせたサラダは甘エビのサラダ。
マヨネーズベースにわさびを利かせてみました。

113

| | コメント (8) | トラックバック (0)

アリオネ バルベーラ・ダスティ 2004

Mwine
Mさんにいただいたワイン。
イタリアのピエモンテのワイン。
バルベーラ100%で作られたものです。
とても軽い感じの飲み口のワインでブルーベリーなどの果実を感じました。
時間が立つと少しナッツのような香ばしさも出てきていろんな変化も楽しめました。
酸味や渋みも軽めなので飲みやすい味わいでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豆腐を巻いちゃった

Toufuharmaki
豆腐を海苔とチーズと一緒に春巻きの皮で巻いてあげてみました。

中の味付けは塩、胡椒だけ。
でも海苔の味わいとチーズが良い味付けになってくれてるんですよ。

物足りないときはわさび醤油をつけて。
そうすれば和風と中華のコラボ。
わさび醤油の味わいがチーズのまろやかさを引き立ててくれること間違いなしです。

こういう春巻きも面白い。
それにヘルシーですよ。

レシピはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

簡単にビーフシチュー風なスープ

Beefshichu
寒くなってきましたね。
どんどん冬本番突入ですね。

そうなってくると無性に温かいスープが恋しくなります。
久しぶりにビーフシチューが恋しくなったのでビーフシチュー風なスープを作りました。

とっても簡単に短時間でできるスープ。
赤ワインを加えるとそれだけでも味わいが豊かになりました。

バゲットと赤ワインがあればもっと素敵な食卓になるだろうな〜。

レシピはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残ったクリームチーズで

Ccookeis
残ってたクリームチーズでクッキーを作ってみました。

いつもはバターをベースにクッキーを作ってますが、もしかしたらクリームチーズでもアレンジしたらおいしいクッキーができるかもって思って。

クリームチーズにバター、砂糖、薄力粉、上新粉、アーモンドを混ぜて作りました。
焼く前からかなりドキドキ。
ちゃんとクッキーになってくれるかどうか。。
でも冷蔵庫で休ませた生地をカットして焼いてみると・・・。
ちゃんとクッキーに。
ハードな生地サクサクっとしたクッキー。

クリームチーズベースなだけに味わいは滑らか。
バターよりしつこさがなくおいしく食べれました。
これは発見でした。

レシピはこちら

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

スフレチーズケーキの試作

Sufure

妹から友達のお誕生日にケーキを焼いてほしいとリクエストされているのですが、どんなケーキが好きかリサーチしてもらうと帰ってきた答えが。。。

スフレチーズケーキ。

まだ作ったことのないケーキ。
なので昨日その試作をしてみました。

卵黄生地にクリームチーズやバターをれて、卵白と合わせて。
オーブンで蒸し焼きに。

できあがったスフレチーズケーキは妹や母に試食してもらいました。

とりあえずおいしかったとのこと。
でも本番にはよりよりものを作りたいのでまた研究です。

今度はレモン汁を加えてみよう。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

鱈の味噌漬けを蒸し焼きに

Tara

母がつけ込んでおいた鱈の味噌漬けを分けてもらったのでそれを使って。
お裾分けしてくれるときに少し味が濃いかもって聞いていたので、本来なら焼くのがおいしそうだったのですが白菜と椎茸と一緒にホイルに包み込んで蒸し焼きに。

蒸し焼きにすることによって鱈にしみ込んだ白みその味わいが白菜や椎茸にまでしみ込んでくれました。
また少し濃い味が白菜からでた水分で緩和されてちょうどいい味わいになってました。

レシピはこちら

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンがメインなlunch box

Obento3
今日は珍しくmasa君はお弁当持参で仕事に行くことに。

冷めたご飯が苦手なmasa君のリクエストもあって今回はサンドイッチ。
それにおかずも。

サンドイッチは自家製の鶏ハムをつかったもの。

レシピはこちら

Obento2_1

そしておかずにはピーマンの洋風肉詰めと人参のサラダ、かぼちゃのソテーです。
もちろんデザートにクッキーいれちゃいました。
おいしくランチできたかな?

おかずのレシピはこちら

Obento1

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ameen'sのミレットスコーン

Ameesscone
スコーンレポです。
ameen'sさんのミレットスコーン
ベーキングパウダーを使わずに、 酵母でゆっくり焼き上げられたスコーン。
アマランサスが入っててプチプチした食感が楽しめるザクザクしたスコーン。
全粒粉などが使われているためかなりしっかりした粉の味わいを感じます。
甘さも控えめ。
なのでバターや蜂蜜がよく合う。
焼き直すより常温で食べた方がおいしく感じるスコーンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

贈り物が2つも

Mikan

sweet便を送らせていただいた方からとても心温まるお手紙とともに素敵な贈り物をいただいてしまいました。
それも同じ日に2つも。
ハロウィンの素敵な贈り物。
Mさんからはワインが好きな私に合わせてワインと手作りの素敵なランチマット。
Tさんからはお手製のおいしそうな焼き菓子が。。
どちらともとても心温まる素敵なものばかり。
本当にありがとうございました。

両方ともsweet便少しでも気に入ってくださったようでうれしかったです。
今後ともよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハロウィンのメニュー

Kixtushu
昨日はハロウィンでしたね。
みなさんはどんなハロウィンをお過ごしになりましたか!?

我が家は気持ちだけでもハロウィンをってことで晩ご飯にかぼちゃがメインのメニューを作りました。
かぼちゃのキッシュ風。

パイ生地も生クリームも使わずにヘルシーに作りました。
上にはかぼちゃの皮で作ったジャックオーランタンをのせてみました。
のせただけでハロウィン気分が盛り上がりました(笑)

ふんわりかぼちゃのキッシュ生地には鶏肉や玉ねぎ、キノコなどが入ってます。

レシピはこちら

K2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »