« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

鶏ハムつくってみました

Torihamu2
前から気になってた鶏ハム。
鶏のむね肉に砂糖とお塩をもみ込んで2日間寝かせて、塩抜きしてゆでるというもの。
気になったもののなかなか作る機会がなかったのですが作ってみました。

今回はシンプルに塩と砂糖だけもみ込んで寝かせました。
それを塩抜きしたらタコ糸で縛って茹でました。

なんともあっさりしたハムに。
もう少し塩を多めに練り込んだ方がいいのかも。
次回は塩少し多めにハーブやスパイス配合でつくってみようとおもいます。

そんな鶏ハムでつくったサラダ。
実家で作ったものですが、鶏ハムときゅうりを細長く切ってマヨネーズ、わさび、醤油、お酢で和えたサラダです。
さっぱりしておいしいサラダでした。
Torihamu1

| | コメント (6)

実家でお料理 ネギ味噌焼き定食!?

9301
昨日はmasa君の帰りが遅かったので実家にご飯作りにいってきました。

先日父がぼそっと『里芋とイカ煮たやつがたべたいなぁ〜〜』ってぼやいてたのを思い出して。
そういえば母は白身魚つかった料理が食べたいっていってたな〜〜。

白身魚、、、そうだネギ味噌のせて焼いたら香ばしくておいしそうだな。
煮物にも合いそうだし。

ということで白身魚のネギ味噌焼きをメインに作りました。
白身魚は先に軽くグリルで焼いておき途中で一度取り出して表面にネギ味噌をたっぷり塗ります。
そして再度グリルで香ばしく焼けば出来上がり。

9303

そして父のぼそっとリクエスト。
里芋とイカの煮物。
里芋の皮を剥いて一度茹でこぼし、再度だし汁に醤油、みりん、酒、ショウガのすりおろしをいれてそこで煮ます。
里芋が柔らかくなって来たらさばいたイカをいれて煮込めばできあがり。

あとはご飯とお味噌汁、そして鶏ハムときゅうりのサラダ(わさびマヨネーズで)でした。
とってもおいしそうに食べてくれてました。
よかった。

| | コメント (2)

ひとくちサイズのアーモンドクッキー

9304
本を読みながらコーヒーや紅茶をのんで。

そんなときにひとくちサイズのクッキーなんかがあれば幸せですよね。

今日は香ばしいアーモンドクッキーがそんなお相手。
サクサクとした食感の生地にアーモンドのカリッとした食感とあの香り。

紅茶ともコーヒーともよくあいますよね。

まん丸なひとくちタイプで。
気軽に作ってオーブンで焼いてる間に本と飲み物を用意して。

さぁ焼けたら召し上がれ。

| | コメント (0)

長いもがふんわりのポイント

930

キノコ入りの秋バージョンな親子丼。

親子丼作るの久しぶり。
でも卵が足りない。。。
そんなときに少し工夫でふんわりアレンジ。

だしに醤油、みりんなどで味付け。
そこにスライスした玉ねぎと鶏肉、そして秋においしいキノコ(今回は舞茸)。
コトコト煮込んで味をしみこませます。
卵を溶いてそこにすりおろした長いもを加えて混ぜ合わせます。

煮込んだ所に長いもいりの卵をときいれて。
さっと火をいれて。
丼にご飯をいれてその上からとろっと具をかけて。

長いもを溶き卵にいれることで少ない卵でもふんわり感がでますよ。
温め直した時でも固くなりにくくていいですよ。

| | コメント (0)

おやきに挑戦。これでいいの!?

9295
信州の郷土料理『おやき』
とまさんのところなどで拝見していてすごく気になってたものです。
小麦粉とそば粉などをねって生地をつくりその中にいろんな具材を包んで蒸したり焼いたりしてもの。
中身は野沢菜や高菜、茄子や切り干し大根、サツマイモ、茄子などいろんなバリエーションがあるそうです。

そんなおやきをいろんなレシピをもとに作ってみました。
小麦粉にそば粉を混ぜてぬるま湯で生地をこね上げました。
中には茄子の味噌炒めとサツマイモの餡を包み込みました。
そして蒸し上げて軽く焼き目をつけてみました。

おやきの実物を食べたことがないだけにこんな感じでいいのか!?って思いながら。。。
おやきを実際に召し上がったことのあるかたに試食お願いしちゃいました。
果たして、、、。

| | コメント (2)

ソーセージベースの自家製キノコ入りテリーヌ

9291
豚肉をつかったソーセージベースのテリーヌをつくりました。

豚肉のウデとモモのスライス、少し鶏肉も加えてアレンジ。
そこに玉ねぎ、パン粉、牛乳、卵、ニンニク、生クリーム、塩、こしょう。
そして椎茸、ハーブなどくわえてつくりました。

テリーヌ型がないのでパウンドケーキ型につめてオーブンで1時間。
じっくり湯煎にかけて焼きあげました。

出来上がったら重しをして予熱をとって冷蔵庫へ。
作った翌日に食べました。

9296

初めて作ったのですが、、、あっさりおいしい。
自分好みのハーブとか今度はもっといれてみよう。
中に入れるものも今度は野菜とかにしてみようかな。

分厚く切ってメインとして食べてみたのですが今度は薄くスライスしてサンドイッチにしてみようと思います。
付け合わせは玉ねぎ、エリンギ、茄子のガーリックソテー。
秋らしい感じの盛りつけにしてみました。

もちろん赤ワインを添えていただきました。

ある方にお裾分けでお送りしたのですが、、どうだったかな!??

| | コメント (6)

cookpadに

ここのお料理レシピcookpadさんにのせてます。
作りやすそうなもの選んで投稿してます。

よければのぞいてチェックしてみてくださいね。
『Orange chocolate kitchin 』nao-cafeで探してみてください。

気に入ってくださったらお気に入りにぜひ!

| | コメント (2)

鶏肉の西京漬けがワインにあう!?

9282
西京漬けってお魚のイメージが強い。
でも先本を読んでいたらワインを出すお店のメニューホロホロ鶏の西京漬けというものが。。。
なんでも蜂蜜の香りのするワインに合う料理だそう。

なんだかおいしそうだったので試してみることに。
ホロホロ鶏なんてないから代わりに鶏のもも肉を西京味噌につけ込んでみました。
つけ込んだ翌日のmasa君のお昼ご飯ようにグリルでこんがり焼きあげてみました。

ちょっとつまみ食い。
ほんのり甘い西京味噌が鶏肉にじんわりしみ込んで、少しこげたお味噌のところがまた香ばしくて、、、。
白ワインにあうっていうのがわかった気がします。
豚肉もつけ込んでみたらおいしいかも。
その時は焼く前に一味をふりかけて焼くのも面白そうです。

たまたまその日用事があって実家に。
この西京漬けをいれたお弁当をもってshionはおばあちゃんのところにお出かけ。
そこでお弁当に入った鶏肉をおいしそうに食べてました。

9281

| | コメント (4)

楽しみすぎて、、気がついたら

Shion
焼きたてのスコーンの試食中、、、なshion。
豪快ですね。(笑)

そんなshionを見ながらスコーンやケーキ以外にもかなり昨日はかなり料理にあけくれてました。
それは少しずつupしていきますね。
楽しくいろんなもの作ってる途中フードプロセッサーの刃でサクって右手の中指の先端を切ってしまいました。
でも消毒して絆創膏巻いてれば大丈夫かなって思って様子見てたら。。。

夕方になっても地が止まらない。
おかしいな〜って思ってたんですがそのまま実家に料理のお裾分けにいきました。
でも母が血が止まらないなら病院いった方がいいのではといってくれたのでそのままshionを預けて病院へ。

結果、、、。
2針縫いました。
結構深かったんだな〜〜。
Hand

今度からは気をつけよう、、、。
でも楽しく昨日は料理できたから痛いおまけだということで、、。

今日はのんびり料理にしよう。。。

| | コメント (4)

wineにあうsweet cakeでは

Sobakocake
スコーン以外に何か。。
と考えたときなぜかガレットが頭に浮かびました。
そば粉で作られたガレット。
ブルターニュ地方でシードル酒と一緒に楽しまれてるもの。
そば粉と、、、リンゴ。

これでお菓子つくったら白ワインに合うかも!!って思って作ってみました。
そば粉に薄力粉、それにリンゴを煮たものをくわえて焼きました。
アクセントにラム酒漬けのレーズンとシナモンパウダーをくわえて香りも加えて。

小さめの型でやきあげました。
真ん中ぷっくり。
周りサクっとした感じになりました。

そば粉の味わいとリンゴの甘みがいい感じにまとまってくれてると思います。
甘めの白かな!?
リースリング種やセミヨン種などにあいそうです。
蜂蜜の香りや味わいがあるようなワインがあればきっと。。

| | コメント (0)

wineにあうsweet スコーンはこんな感じになりました

Cheezescone
wineに合わせても食べれるようなスコーン。
今回はこんな感じになりました。
一つ目はパルメザンチーズのスコーン。
甘みをつけない生地に塩とパルメザン、黒こしょう、タイムを混ぜ込んだスコーン。
生地に塩気をだすことによって軽い前菜の盛りつけにもいい感じのスコーンになった気がします。
ある意味、、、グリッシーニの代わりになりそうかも。

Figscone_1

こちらはフィグアーモンド。
前回同様の赤ワインにつけ込んだいちじくにアーモンドをくわえたもの。
フィグの甘さとアーモンドの香ばしさ。
アーモンドの食感は生地にもいい感じのアクセトになってくれました。


Berryscone

 最後はやっぱりクランベリー。
この甘酸っぱさはやっぱり定番。
それに以外に赤ワインにあうんですよ。


| | コメント (6)

鯵の唐揚げ 中華サラダ仕立て

9271_1
鯵をからっと揚げてヘルシーにいただく方法!?

鯵の開いたものに塩こしょうで下味つけます。
それに片栗粉をまぶしてこんがり揚げてしっかり油を切っておきます。

レタスは千切りにしてさっと氷水にさらして水気をきります。
ピーマンと人参は細長くきってさっと茹でて水気を拭きます。

お皿にレタスをひきつめてその上にピーマン、人参、そして鯵の唐揚げをトッピング。
そのうえから醤油、お酢、砂糖、ごま油、ラー油をくわえたドレッシングをかけて出来上がり。
揚げた鯵もこうやってサラダ仕立てにしたらお野菜もたっぷりとれますよね。

| | コメント (2)

鱈の甘酢あんかけ レモン風味

9271

先日デパ地下のデリに白身魚の甘酢あんかけ ゆず風味というのがありました。
それを見てレモンでもおいしいかもって思い作ってみました。

鱈に軽く塩こしょうをして片栗粉をつけて揚げます。
揚げてる間に甘酢あんを。
だし汁に醤油、お酢、お砂糖をいれて温めます。
お砂糖がとけてきたらレモン汁を加えます。
そして片栗粉でとろみつけます。

お皿に揚げた鱈をのせて甘酢あんをトロリ。。。。
最後にきれいに洗ったレモンの皮の細切りをのせて召し上がってください。

餡から香るレモン汁がさわやかな印象のお料理です。
白ワインや日本酒にあいそうです。

| | コメント (0)

サクサク!!チョコフレークでクッキー

9261
実家にいったら森永のチョコフレークがありました。
懐かしい。。。
でもチョコフレークみてたらなんだかそれでクッキーが作りたくなったのです。

さっそく冷蔵庫をのぞいてみるとバター、卵、砂糖、薄力粉も。
これさえあればクッキーできる!!ということで作ったクッキー。
薄力粉が足りなかったので上新粉も加えてみました。
それがいい感じにきいてくれて、、、かなりサクサクの食感のクッキーに。
チョコフレークのザクザクと生地のサクサク。
おいしいクッキーになりました。

| | コメント (2)

ジャージャー麺が作りたくて

926

作り置きの肉味噌でジャージャー麺が作りたくなったので。。。
うどんこねてみました。
shionもお手伝いです。
ふみふみもお手伝いしてくれましたよ。

9265_1

生地をのばして。
丸く生地の厚さが均等になるように。

生地を三つ折りにして。
3mm幅に切っていきました。

切った麺はこんな感じに。
9264

それを茹でて・・・作っておいた肉味噌をたっぷりとのせればジャージャー麺の完成です。
初めて打ったうどん。
モチモチしてて食べごたえありました。
今度はもう少しつるっとした麺になるように頑張ります。

shionも自分でこねた生地をパクパクおいしそうに食べてました。

9263

| | コメント (2)

wineに合うようなお菓子を

以前私のスコーンとおいしいwineを交換してくださったpylorieeeさん。
そんなpylorieeeさんからまたうれしい交換のお申し出がぁぁ。
またまたおいしいワインとスコーン交換してくださるとのこと。

前回のスコーン気に入ってもらえたようでまた食べたいっていってくださいました。
その言葉だけでも十分うれしいのに。。。

そこでスコーンだけじゃ申し訳ない気がして。。
何かwineに合うようなお菓子便にしちゃおうって密かに考え中。。。

スコーンはもちろんいれちゃうけど。
それ以外に何が良いかな!?

楽しい週末Orange chocolate sweet便になるように。。。
焼き上げよう。。
さてさて、、、何にしようかな。

うむむ。

| | コメント (7)

ロールキャベツ 野菜スープ仕立て

9251
お野菜たっぷりメニュー。

少しのひき肉にたっぷりタマネギ、パン粉、溶き卵、塩こしょう、ナツメグを加えてこねたものを大きなキャベツの葉でくるり。
コンソメスープでことこと・・・・。

茄子、ズッキーニ、人参をころんと食べやすい大きさに切って。
ニンニク、オリーブオイルで軽く炒めてから同じくコンソメとローリエ、塩で煮込んでいきます。

お皿に煮込んだロールキャベツ。
その上からお野菜いっぱいスープをかけて。
最後に黒こしょうをひいたら出来上がり。

お好みでスープにトマトやいろんな野菜を加えてもおいしいですよ。

| | コメント (0)

EMMANUELLE 2003

9245

CHATEAU EMMANUELLE 2003
ボルドーのワイン。
メルロでつくられたもの。

すごく酸味やタンニンのバランスがよくて価格の割には飲みやすくおいしいワインでした。
カシスなどの味わいに軽くスモークされたような木の香り。
口の中に広がる香りには少し枯れたような葉の香りも。

メルロらしいすっきりした仕上がりを感じました。
軽い感じの赤ワインでした。

| | コメント (0)

さつまいもを使って

9244
さつまいもを使って作った今日のランチ。

それは、、。


9243


さつまいものニョッキ。
ニョッキ初挑戦なのです。
作りたくなったら作り時なのです。
さっそくさつまいもを茹でて裏ごしして、薄力粉と卵黄いれてこね上げました。
それを食べやすい大きさに切ってフォークで溝を付けました。


9242

それを熱湯に塩とオリーブオイルを少しいれたところで茹でて、浮かんできたらできあがり。
そんなさつまいものニョッキとあえたソースはサーモンのクリームソース。

みじん切りにしたタマネギをバターとオリーブオイルで炒めます。
そこに鮭を食べやすく切ったものを加えてさらにいためます。
生クリームを加えて塩、胡椒、少しのコンソメをいれて弱火で軽く煮詰めます。
最後にパルメザンチーズをいれて出来上がり。
茹でたニョッキをいれてあえてどうぞ。

9241_1

白ワインによく合いそうなメニューです。
さつまいものほんのり甘いニョッキにこのサーモンのクリームソースよく合いました。
食べるときにお好みで黒こしょうをふってもおいしいですよ。
このニョッキはshionもパクパク食べてくれました。

| | コメント (8)

doorさんからおいしい便

Door
doorさんからのおいしいものプレゼントいただいてしまいました。

doorさんの住まれてるところのパン屋さんのおいしいクロワッサン。
そしてオレンジのパウンドケーキ。
クロッカン!?も。

地元のおいしいもの。
それを送ってくださったのです。
いろんな味を求めてる私には本当にありがたい。

クロワッサンしっとりした感じの生地。
でもやさしいバターの風味でおいしくいただきました。

クロッカンもパイがサクサク。
それがぎゅっと凝縮されてるからすごく食べごたえがありました。

一番のお気に入りはオレンジのパウンドケーキ。
オレンジピールが練り込まれて上にもトッピング。
そのほろ苦さが甘さひかえめのしっとりした生地のパウンドケーキに。
とってもおいしかったです。

| | コメント (2)

ECRUのスコーン

Ecruscone_1

ECRU のスコーンをawa-tamaさんから送っていただきました。

ECRUさんはマクロビオティックの理念でオーガニックカフェをされてるお店。

ここのスコーンは有機無調整豆乳・国産薄力粉・強力粉・葛粉・片栗粉・アルミニウム未使用ベーキングパウダー・自然塩・メープルシロップ・甜菜糖・バニラエッセンスなどで作られているのだそうです。

マクロビスコーン前から気になっていただけに送ってくださったawa-tamaさんには感謝です。

バターなどを使用されてないのですがすごくおいしい。サクサクした食感とメープルなどの優しい甘さ。

こんな風に作ってもおいしい。

この方が体にも優しいんだろうなって考えながらいただきました。

私もマクロビスコーン作ってみたくなりました。
粉の割合とか難しそうだけど試作してみよう。。。
わくわく。

 

| | コメント (2)

キノコたっぷり和風ハンバーグ

9211
大好きハンバーグ。

今回は和風で。
それもキノコをたーっぷり餡にして。

合い挽き肉に炒めたタマネギのみじん切り、パン粉、塩こしょう、ナツメグ、少しのラードを加えてよくこねます。
それを成形してフライパンでこんがり。

その間に、椎茸、エリンギ、しめじを切って餡作り。
お鍋に油をひいてショウガとキノコ類をいれて軽く炒めます。
そこにだし汁、醤油、酒、みりんをくわえて味をととのえて煮込んでいきます。
キノコに味がしみ込んできたら片栗粉でとろみをつけておきます。

お皿に焼いたハンバーグをのせてその上に餡を。
針ショウガをそえて召し上がれ。

お酒が好きな方は辛口な日本酒が合いそうなメニューです。
私は辛口白ワインでいただきました。

| | コメント (0)

万能!ヘルシー肉味噌と作り置き

9231
昨日実家にいって休日母がゆっくり過ごせるようにいろんな食材を仕込んできました。
その中の一つ『万能ヘルシー肉味噌』
ヘルシーなのはお肉以外に細かく切ったキャベツと椎茸を混ぜ込んでるから。
健康やカロリーが気になる方にはいいかも。
豚のひき肉とキャベツの細切りと椎茸の細切りをショウガとごま油で炒めて、テンメンジャン、醤油、酒、水、鶏がラスープのもとで味をつけて片栗粉でとろみをつけました。
この肉味噌はうどんにのせればジャージャー麺に。
豆板醤を少し加えて茄子や豆腐とあわせれば麻婆に。
ご飯にそのままのせてもおいしいです。
ほかにもアレンジ多彩な万能選手です。

ほかにもタラの味噌漬け(焼くだけ)、豚の生姜焼き用につけ込み、鶏の味噌漬け(焼くだけ)、野菜の揚げ浸し、ポテトとオニオンとレタスのコンソメスープを仕込んでおきました。
その日の夕食は父だけだったのでリクエストされたイカ大根を煮込み、茄子ときゅうりの中華漬け、餃子をつくってあげました。
イカ大根おいしかったようです。
よかった。
この連休これでおいしく過ごしてくださいね〜〜。

| | コメント (4)

穴子の天ぷら

9234

masa君に何が食べたいってきいたら『天ぷら』っていうお返事が。
そういえば最近してなかったな。
食材を求めて買い出しに。
鮮魚をのぞいたら1匹580円で穴子発見。
とっても新鮮そうだったので1匹さばいてもらいました。
それをメインに天ぷら。
穴子は下処理が肝心!!
皮目に熱湯をかけてすぐに氷水にとります。
そして浮いてくるしろい汚れをしっかりと拭き取ります。
そうしないと臭みがすごく残っちゃうんです。

9232

あとは茄子とカボチャ、しいたけ、ししとうを天ぷらにして。
天つゆと山椒塩をそえて。
揚げたばかりの天ぷらを食べるのが醍醐味。
ざくっと揚がった天ぷらはもう最高でした。
特に穴子はちゃんと臭みがとれてたのでお塩でパクパク食べちゃいました。

9233

shionはおにぎりと一緒に天ぷら御膳。
天ぷらはさっと天つゆに通したものです。


9235

そんな天ぷらの時の箸休め。
揚げ茄子のおひたし。
揚げた茄子をだしにつけておいたものです。

| | コメント (0)

酵母でベルギーワッフル

Koubowaffl
自家製酵母。
それをつかってスコーン以外に何かお菓子作ってみたくて。

『天然酵母でつくるお菓子』を参考にベルギーワッフルを作ってみました。
でもやっぱりアレンジ。
バターの量やお砂糖は自分なりに配合変えて。

じっくり発酵させて今朝焼きあげました。
私のsweetだけあって甘さ控えめ。
でもその分食べる時は蜂蜜やメープルを自分好みで調節。

パクッ!!!
モチモチ〜〜〜〜って。
これが酵母ワッフルか〜〜〜。
なんだか不思議な食感。

バターに蜂蜜たっぷりで食べるのが一番!!!
でも今度はジャムあわせようかな。

| | コメント (8)

鮭の炊き込みご飯 バター醤油風味

9221
秋鮭を使いたい。
先日doorさんのところでバター醤油の味付けおいしそうだったな〜〜。

ならこの二つ組み合わせちゃおう。
で、、作ったのが炊き込みご飯。

まずはご飯の準備。
キノコ類に人参を手軽にめんつゆを使ってお米と一緒に炊き込みました。
めんつゆ少し薄めで。

鮭は魚焼きグリルでこんがりと焼いて、焼けたら取り出して皮と骨を取り除きます。
そこにバターと醤油を絡めておきます。
これだけでもおいしそ〜〜。

炊きあがったご飯に半量の鮭を混ぜ込んで。
残りはお茶碗に盛りつけた後にのせます。
そして刻み海苔。

もう香りが===たまりません。
お昼ご飯にもってこいです。

のこったらお茶漬けっていうのもいいかも!!!

| | コメント (6)

酵母でスコーン

Koubouscone1
自家製酵母でつくったスコーン達。
まずはリンゴのスコーン。
煮たリンゴを混ぜてつくった季節のスコーン。
ほんのり甘いリンゴをざっくりした生地のバランス。
酵母もリンゴだけあって生地にじんわりとけ込んだ感じにまっちしてくれてました。
バターをたっぷりつけて食べたらおいしそうなスコーンです。

Koubouscone2

こちらはオートミールとレーズンのスコーン。
定番ですね。
今回は少しオートミールの量を控えめに。
その分レーズン多めに。
蜂蜜とバターでいかがでしょう?

Koubouscone3

こちらも私の定番クランベリー。
ざっくり生地の中に赤みが光るクランベリー。
このスコーンは外せませんね。
だってクランベリー好きなんだもの。

酵母で作ると生地の層がみていて面白いんです。。
なんだか地層みたい。
時間を重ねてるって気がします。

| | コメント (14)

鯖の味噌煮 秋風味

9204
鯖の味噌煮
時々食べたくなるんです。
少しこってりした煮付けだけどご飯がすすんじゃうんですよね。

秋風味って言うのは一緒にキノコと秋なすを煮付けたから。
お皿から秋を感じれるように。

今回は麦味噌に醤油、砂糖、酒、水だけでシンプルな味付け。
最後に唐辛子をあしらえてみました。
じっくり煮込んでいけば鯖も茄子もキノコもとっても味がしみ込んでおいしいくなりましたよ。

| | コメント (0)

その人の味わい

Kichomu
きっちょむさんからのスコーン。
珈琲シナモンチョコ、レモンチョコ、オートミール、バナナクランベリー。
今回もきっちょむさんらしい。。
なんとも遊び心にとんだスコーン達。

珈琲シナモンチョコはむむむ。。面白い。
スタバのモカラテを彷彿させるのもがあるかも。
このまま食べるのがおいしいスコーンだね。

レモンチョコはレモンのフレーバーよりオレンジの方が合いそう。
でもこれはこれでチョコの甘みをさっぱりさせてくれてる気がするよ。

バナナクランベリー。
なんだか不思議な味わい。
クランベリーの甘さにバナナの芳醇な香り。
パウンドケーキにも応用できそう。

オートミールはやっぱり好きだ!!
すべて食感はザクザク。
このザクザクした食感はさすがきっちょむさん。
これは彼女の味わいです。。。

今度も楽しみです。

| | コメント (2)

ヨーロッパ土産と・・・。

9213
昨日ヨーロッパ旅行から帰国された方がくださったお土産。
ワインとチーズ3種、GODIVAのチョコレート、shionへmilkaのチョコレート。
ワインとチーズは何がいいってきかれてお願いしちゃってたもの。
チョイスはお任せしてたので何をいただけるかわくわくしてました。
おいしそうなボルドーの赤ワインにいろんなチーズ。
いまから食べたり飲んだりするのが楽しみです。

9214
ヨーロッパから帰国されたばかりでお疲れだろうと思い食事の差し入れを作っておきました。
こんな時はやっぱり日本食!?って思ったので厚揚げと大根とイカの煮物と切り干し大根の煮付けを作りました。
お店できれいなするめいかがあったのでそれをさばいて作ろうと考えたのです。
最初に大根をじっくりにてそれから厚揚げ、最後にイカを加えてさっと煮込みました。

差し入れしたらちょうど煮物が恋しくなっていらっしゃったようでとっても喜んでくださいました。
よかったです。

| | コメント (2)

熟したバナナでバナナケーキ

9205実家の母に家に熟したバナナがあるから何かに使ってほしいって言われました。

何かに。。。
どうしようか悩んだ末にバナナケーキ作りました。

熟したバナナの甘みを活かしたケーキ。
生地にいれたお砂糖は控えめで。
水分にココナッツミルクいれてみました。

ココナッツの風味が香るトロピカルなケーキ。
表面はザクッリ中しっとりした感じに仕上がってくれました。

あったかミルクティーといかがでしょう!?

| | コメント (4)

少し早めの冬の定番

9191
冬に食べたくなる料理。
グラタン。

そんなグラタンを先日少し寒くなって来た日に作ってみました。
もちろんホワイトソースから。
今回の具材は鮭、ズッキーニ、玉ねぎ、ブロッコリー、キノコでした。

大さじ3のバターと小麦粉を炒めそこに牛乳400ccじっくりと煮詰めてホワイトソース。
具材は切ってバターで炒めて塩こしょう、コンソメ、醤油も少し隠し味。

具材をお皿にひきつめてその上から真っ白なホワイトソース。
パルメザンチーズをふって。
こんがり焼きあげました。

ぐつぐつチーズのいい音。
ふぅ〜〜ふぅ〜〜って言いながら熱いうちに食べるのがグラタンの好きな食べ方です。
でもやけどには注意ですね。

| | コメント (2)

インドの世界をプレートに

9201
インド料理がなにか作りたくなったのです。
香辛料を使いたかったのかも。
カレーは以前も作ったので久しぶりにタンドリーチキンをメインにしてみようと思いました。
ヨーグルトにカレー粉、ガラムマサラ、ジンジャー、ターメリック、黒こしょうなどの香辛料を混ぜ込んでそこに鶏のモモ肉をつけ込んでおきました。
半日ほどつけ込んでおいたチキン。
それをフライパンで焦げ目だけつけてあとはオーブンで焼きあげました。

9203
もうひとつサモサもつくっちゃいました。
餃子の皮をつかった簡単ベジタブルサモサ。
中身はシンプルにジャガイモと人参だけ。
味付けにカレー粉、クリームチーズ、黒こしょう、ガラムマサラ、醤油をいれてみました。
ジャガイモを茹でてマッシュしてそこに茹でて小さく切った人参。
そして味付けて、それを餃子の皮で包んであげてみました。
初めて作ったけどおもしろかった。
クリームチーズいれてあるのでマイルドな味わいでした。

これはshionのプレート。

9202

今回はサモサがお気に入りでした。

残ったサモサの中身はパン粉をつけてコロッケにして私のおばあちゃんの家にお裾分けにしました。
カレーコロッケになってどうだったかな!?
でもおばあちゃん喜んでくれました。

| | コメント (0)

自家製酵母でスコーン仕込みました

リンゴ酵母ができあがったのでそれを使ってスコーンを仕込みました。

何日か低温発酵させてから焼き上げるつもりです。
成功するかな!?
お礼スコーンになる予定なのに。。。

とりあえず3種類。
どんな風になってくれるかな。

それ以外にも自家製酵母でお菓子を今週は仕込んでいこうと思案中。。。
なにがいいかな、、、。

| | コメント (4)

いい色合いな煮卵さん

9171
なんて日本酒が合いそうなメニュー。
豚バラと大根と卵の煮込み。

この色がしみ込んだ大根と卵。
これだけでご飯もお酒もすすみそうです。
お箸をいれた瞬間の茶色の皮から現れる黄色い黄身。
これもまた目においしいですよね。

これからおでんもおいしい季節。
卵と大根のタッグはこれから大活躍な予感です。

| | コメント (2)

茄子づくしなお昼ご飯

9192


家にたくさんの茄子。
一杯あるのでそれをどうやって料理しようか。
いろんな味付けに対応してくれる茄子。
なので私の中に今茄子の引き出しが増えてきています。

今回は茄子と豚肉のオイスター炒め、茄子の中華風漬け、茄子のペースト(もらいもの)。
それに玄米ご飯とお味噌汁。

茄子と豚肉のオイスター炒めはご飯がすすむ料理。
フライパンにごま油をいれてそこにショウガ、ニンニクをいれて香りをだします。
そこに豚肉、茄子、ピーマン、タマネギをくわえて炒めます。
いたまってきたらオイスターソース、醤油、酒、少しのお砂糖を加えて味をつけて出来上がり。

中華漬けは塩もみした茄子にお酢、醤油、ごま油、千切りショウガをあわせたものです。
とっても簡単な箸休め。

茄子の料理もっとと広がりそうです。

| | コメント (0)

カマンベールに合うジャム作り

9185
おいしいカマンベールチーズが。。。
そのままでも十分においしいけど・・・けど。

何となくカマンベールに合わせたジャムを作りたくなった。
やっぱり合わせてジャムにするなら   『リンゴ』 かな。
カマンベールとリンゴの相性は周知の通りですし。
9184
それにいまはリンゴおいしい季節ですもんね。

リンゴにお砂糖、レモン汁、それと、、、シナモン、ラム酒漬けレーズン。
これらでジャムをつくってみました。
クツクツ。。。
ふわっと立ち上る甘い香り。
最後にシナモンとレーズンを加えるとそのスパイスとラムの香りが混ざり合って素敵なおいしそうな香りに変化してくれました。

9183

早速カマンベールに添えて食べてみました。
これが・・・いい感じのマリアージュ。
シナモンの香りとラム酒漬けされたレーズンの甘酸っぱさがとけ込んだこのジャム。
リンゴ単体のものよりもこちらの方が私的には良いアクセントになっておいしく感じました。

| | コメント (8)

初!きはさんスコーン

9182
スコーン交換。
スコーンとスコーン。
これまたうれしい。

自分の作るスコーンとは違う味わい。
その人の味わいがあるスコーン。
きはさんからいただいたスコーン達。
プレーン、キャラメルくるみ、チョコ、ジンジャー、グラハム、レーズン、かぼちゃ・・・こんなにたくさんのフレーバー。
さっそくいただきました。
表面はさっくりしているのですが中はしっとりと。
甘さもとても上品。
バターのしつこさもなくおいしかったです
とくにグラハムはお気に入りです。
グラハムのつぶつぶ感がまた私の好みでした。
まだたくさんあるのでゆっくり楽しみたいと思います。

| | コメント (2)

ワインに合わせて作ったお料理は

9181
鯛をつかってアクアパッツァ!

連子鯛がきれいで、、見てて料理したくなったのです。
ちょうど白ワインだし。
アクアパッツァ作ってみたかったし、、、。

買ってきた鯛の鱗をとって内蔵などをとってきれいにします。
アサリも砂だししておきます。
ブロッコリーは房に分けて、プチトマトは半分に。
ニンニクはスライス。

お鍋にオリーブオイルをいれてそこに鯛をいれて表面に焦げ目をつけておきます。
一度鯛を取り出して油をすてて、新しくオリーブオイルをそそぎいれてそこにニンニクを入れます。
ニンニクの香りがオリーブオイルにうつったらそこに鯛、アサリ、ローズマリー、タイム、ケッパー、塩、黒こしょうをいれます。
そこに白ワインを注ぎ入れてブロッコリーやトマトもいれてふたをして蒸し焼きに。

アサリの口があいて鯛のみがほぐれて来たら出来上がり。
鯛やアサリからでたとってもおいしいうまみがおいしいスープにもなってます。

このスープにバゲット浸したら最高でした!!

| | コメント (0)

PALLISER ESTATE SAUVIGNON BLANC 2005

Winwplorieee
PALLISER ESTATE SAUVIGNON BLANC 2005
スコーンとおいしいもの交換。
その交換相手pylorieeeさんからのワイン。
スコーンがおいしいワインに変わった!!!
うふふ。

このワインなんだかとってもフルーティー。
何となくモモみたなパッションフルーツみたいな感じがすごくした。
ほのかなハーブの感じもしたけどフレッシュな果実を感じるワインでした。
もっと冷やしたら味わい変わるような気がするな。
酸味がもっと出てくるような気がする、、、。

私的にはお気に入りのワインになりました。
pylorieeeさんまたおいしいワインよろしくです。
その為なら何度だってお菓子つくって送ります(笑)

| | コメント (2)

新鮮な鯖発見!!

Shimesaba2 takakoさん のところでしめ鯖を見て以来ずっと作ってみたかったのです。
なので最近ずっと鮮魚売り場で必ず鯖をチェックしていたのです。
昨日たまたまデパートの地下でおいしそうな新鮮な鯖に出会ったのでそそくさ購入。

帰ってきてから早速しめ鯖を作ってみました。
しめ鯖好きで以前から食べてたけど自分でも作れるなんてすごくうれしい。
わくわくしながらつくって冷蔵庫で酢に漬け込んでおきました。

そして今日のお昼にいただきました。
Shimesaba1 初挑戦で作った割にはちゃんとしめ鯖になってました。
masa君にもおほめいただけました。
自分で作ってるから甘さも加減できたし、使いたかった千鳥酢でしめ鯖ができて大満足でした。

そんなしめ鯖に合わせてキノコの炊き込みご飯も作りました。
秋を存分に感じるお昼ご飯になりました。

Kinoko

さて今晩もお魚メインな食卓。
今日はスコーンとワインのおいしい交換してくださったpylorieeeさんからのNJワインを楽しむ為のお料理を考えてます。
さてどんなお料理になるでしょう。。。
わくわく。

| | コメント (0)

ワインに合わせた記念日ディナー

9165
ワインのコメントにビーフシチューや白カビのチーズに合わせたら、、、って書いてあったのを参考に作りました。
チーズはちょうど買っていたのがカマンベール、ゴルゴンゾーラドルチェ、シェブールのチーズだったのでその中からカマンベールをチョイスして前菜の盛り合わせに。
一緒にトアロードデリカテッセンでかったハムも盛りつけました。

メインは牛肉の赤ワイン煮〜タマネギソース〜にしてみました。
短時間で考えて作った割には上出来!!
本当はこの日お魚をメインに考えて魚を買って来ていたのですが、選んだワインがLAPIEYだったので急遽変更して家にあった牛肉をアレンジしてメインにしたのです。
9164
牛肉に塩こしょうし少しおいておきます。
お鍋にバターとオリーブオイルを熱してそこにスライスしたタマネギをいれてしっくり炒めます。
そこに塩こしょうしておいた牛肉を加えてさっと表面をソテーします。
表面に焼き目がついたらそこに赤ワインと水、コンソメ、ローリエを加えて煮込んでいきます。
煮詰まってきたらお肉を取り出してそこにトマトケチャップ、ウスターソースを加えて混ぜ合わせます。
お皿に盛った牛肉にそのソースをかけて上から黒こしょうをかけてできあがり。

9167

shionには牛肉の代わりに鶏肉。
一緒に煮込んであげました。
かなりがっつり食べてました。

ワインとのマリアージュもよくていいディナーになりました。

| | コメント (0)

時を重ねたワイン LAPIEY 1996

916wine2

jeroboamさんでチーズに合うワインというコンセプトでmasa君が選んでもらったワイン
あまり熟してない白カビのチーズやブルーチーズに合わせたらおいしいよってすすめてもらいました。
 
フランスのオー・メドック(ボルドー)のLAPIEY 1996
とってもあっさりした飲み口の赤ワインでした。
黒すぐりやカシスのような甘酸っぱさを最初に感じるのですが口の中で少し立つと何となく枯れ葉が落ちていうような湿った土壌の香り。
なんとなく秋の山奥っていうイメージかな。
そこの山奥にはひっそり山葡萄がなっていてそのかすかな甘酸っぱさを感じているそんな感じ。

1996年ということはもう10年という時をこのワインは過ごしてるんだなってふと思いました。
私たちはまだ4年。
これからようやく5年目。
これからまだまだ時を重ねていくんだなって。
仲良く10年後もこうやっておいしいワインを飲んでいたいな。
もちろんそれからも。。。

| | コメント (0)

記念日ランチは思い出のあのお店

9162_2結婚記念日だった昨日神戸に食材とワインを買い込みにshionも一緒に神戸に。
夜のディナーの準備。

自分たちが4年前にこの街で挙式してたなんて信じられなかったです。
そんな思い出を振り返りながら食材を探しにまず北野にあるCheese Shop CAMEMBERT KITANO へ。ここでチーズ(3種類)やドライフルーツ、栗の蜂蜜を買いました。そのまま北野にあるc.m.hへ。
デニッシュ系といえばココってmasa君ご推薦なのです。
お気に入りのデニッシュトーストもget。

Dsc00640_1

ちょうどランチになったので思い出のお店Sœur et Frére へ。
4年前ここで結婚式後の食事会をしたのです。そんなお店にshionをつれていきたかったのです。

ここでいただいたのはパスタランチ。

サラダにスープ(この日はカボチャのポタージュでした)、焼きたてのパンの盛り合わせにパスタ。

ボリューム満点でした。

9161_1 その後はトアロードデリカテッセン でハムの詰め合わせを買いました。

もちろんその後ワインを買いにいつものjeroboam さんにいってワインを買い家路につきました。

その記念日に買ってもらった本。

9163 チーズのお勉強してみようかと。。。

ワインとチーズやチーズとジャム。

またチーズを使った料理の研究の為に。

わくわく。

| | コメント (2)

4回目の結婚記念日

今日は4回目の結婚記念日でした。

2002年の今日神戸で挙式したのです。
なんだか遠い昔のようです。
でも今shionという新しい家族がいます。
なんだか不思議。
そしていま好きなことが見つかっているような気がします。

今日は家で結婚記念日をお祝いしました。
詳細は明日。
まだ大好きなワインをいただいてる途中です。
手作りなお祝いですがそれがまた幸せを感じるのです。

おいしそうに食べてくれる姿を眺めてる幸せ。
やっぱりいいな。

5年目も平和に過ごせたらいいな。

ここに来てくださるみなさまともいい関係であれたらと思います。
よろしくお願いします。

| | コメント (9)

お礼のマフィンを2種

Mafin2
いつもおいしいパテ屋のパテなどを送ってくださる方へお返しマフィンを焼きました。

東京にあるパテ屋さんの味わいは本当に好き。
だって素材の味わいがすごくすごく感じられるのです。
作り手の方の愛情を感じることができるような気がするのです。
まだいったこともないし、作り手の方を見たこともないけど何となくほんわかした優しい場所や人を想像してしまうのです。

そんなお店のパテやペーストを送ってもらえて本当に感謝。
なので少しでもお返しができたらと思って2種のマフィンを焼きあげました。
1種目はマンゴーとミルク。
刻んだドライマンゴーと隠し味にミルクジャムを加えて焼きました。
バターじゃなくてやっぱりオイルで。
オイルベースのほうがあっさりして軽くし上がるような気がするので。

Mafiin1_1
もう1種はいちじくとチーズの黒こしょう風味マフィン。
スコーン同様赤ワイン漬けのいちじくとクリームチーズ。
そこに少しスパイスで黒こしょう。
ほんのり甘いマフィンにぴりっと黒こしょうの香りづけ。
気に入ってもらえるでしょうか!?

でも心ばかりの感謝のマフィンなのです。


| | コメント (0)

鶏のケチャップ風味のソテー

9162
飛田和緒さんの本を読んでいて作りたくなったメニュー。

自己流アレンジ加えてますが、、、。
でもとってもおいしくできました。
さすが飛田さん!!

鶏肉(もも肉)の分厚いところを開いて醤油、酒に30分ほどつけ込んでおきます。
それをフライパンで焼いていきます。
片面焼けたらひっくり返してふたをして蒸し焼きにして中まで火を通します。
焼けたらはケチャップとウスターソースを合わせたものを加えて絡ませていきます。
全体的に絡めば出来上がり。

9161

こちらはshion用に小さく切って盛りつけてみました。
お気に入りの1品になったみたいです。

| | コメント (0)

サバもおいしいですね

9154
秋魚つながりで、、、『真サバ』も秋魚。

こちらも脂がのっておいしいそうですよね。

私も先日買って来て調理してみました。
秋野菜とサバの揚げ浸しです。

秋茄子、サツマイモ、、季節じゃないけどししとうといっしょにつけ込みました。

切り身でかってきたサバをきれいに血を洗い流して酒と醤油、みりん、ショウガにのたれにつけ込んでおきました。
それに小麦粉をはたいてこんがり170度で揚げます。
サバを揚げる前に茄子とサツマイモとししとうを揚げておきます。
魚の後だとなんとなく魚臭くなる気がして、、、。

付け汁はだし汁に醤油、お砂糖、お酒をいれて一度沸騰させておいたもの。

揚げた瞬間からつけ込んでいって冷蔵庫で浸しておきます。
半日ぐらい浸すとおいしくいただけますよ。

| | コメント (0)

やっぱり大好きチクテスコーン

9156
あーーやっぱりここのスコーン好き。
国産小麦、砂糖、バター、ベーキングパウダー、牛乳シンプルな材料。
甘すぎず、ほのかな塩気。
この塩梅がなんともいえない。
バターもしつこくなくあっさりした後味。
ザクザクした感じも好き。

今回はお気に入りのアーモンドバターで味わいました。
これ本当は食パンに塗って焼いてアーモンドトースト作るときに使ってるんですがそのままパンに付けてもおいしいの。
アーモンドトースト作りたくなると買って来てしまいます。
甘すぎずつぶつぶアーモンドが良い食感なのです。
チクテのおいしいスコーンにアーモンドの香ばしさで何とも幸せなひとときでした。
9155

ちなみにこのアーモンドバター取り寄せにも応じてくれます。

兵庫県西脇市黒田庄町船町612
ベルデ・ヴェール
TEL/FAX 0795-28-2228

取り寄せは電話かFAXで受け付けられてます。
気になったかたぜひお試しください。

| | コメント (0)

残りの2種もふんわりタイプ

Scone3
こちらはクランベリーたっぷりなスコーン。
クランベリーは定番ですね。
でもいまクランベリー見直されて女性の間で人気ですよね。
我が家にも必ず常備してあります。
それぐらい好きなのです。
甘酸っぱいクランベリーのところをかじった瞬間がやっぱり幸せです。


Scone4

最後はスイートポテトスコーン。
サツマイモのペーストを練り込んだ少し甘めのスコーン。
秋のスコーンを何か1つって考えたときにサツマイモが浮かんだので。
つぶしてバターや砂糖、牛乳などでペーストにしたサツマイモを生地に練り込みました。
こんがり焼き直してバターたっぷりでもそのままでもおいしく食べれると思います。


これらのスコーンはおいしいもの交換してくださるっていってくださった方への贈り物。
さて気に入っていただけるかな。。。
わくわく。

| | コメント (12)

4種のスコーン焼き上がりました

Scone1
昨日から仕込んでおいたスコーンです。
まずはオートミールとレーズンのスコーン。
こちらは完全に私好みのザクザクタイプのスコーンです。
見た目にもわかるようにかなりザクザク。
バターとオリーブオイルを使ってます。
バターは控えめに香りとコクだしに使いました。
レーズンの甘みとオートミールやっぱりおいしい。

Scone2
こちらはフィグクリームチーズスコーンです。
赤ワインにつけ込んだドライフィグ。
それと一緒にクリームチーズを細かくして練り込んでみました。
こちらはふんわりした感じの生地になりました。
クリームチーズがまろやかな味わいを演出してくれてます。


| | コメント (8)

脂がのった秋の旬魚で

9152
秋の旬のお魚といえば。。。『秋刀魚!!』

店頭にはキラキラ脂ののった秋刀魚がごろごろ。
そんな旬な秋刀魚を使った料理です。

秋刀魚のソテーをキノコソースで味わいました。
キノコもいまからおいしいですね。

秋刀魚の頭と内蔵などをとってきれいに洗って水気を切ります。
醤油とショウガ、みりんを合わせたところにつけ込んでおきます。
1時間ぐらい立ったら取り出して片栗粉をまぶしてフライパンに油をひいてこんがりソテー。
途中秋刀魚から出て来た脂は拭き取っていった方が臭みが控えられますよ。

焼いてる間にソースつくり。
キノコ(椎茸やしめじなどお好みで)を食べやすき大きさに切っておきます。
タマネギもスライスしておきます。
お鍋に油をひいて軽くキノコとタマネギを炒めます。
そこにだし汁、醤油、みりんを加えて煮込んでいきます。
最後に片栗粉でとろみをつければ出来上がり。

焼き上がった秋刀魚にかけて召し上がれ。

この時の副菜は茄子とトマトの大葉香り炒め。
これは以前ソースにつかったレシピ。
材料を大きく切ったら副菜に早変わり。
おいしいのでいまでは定番になりました。
9151

| | コメント (2)

仕込み中。。。

ただいまスコーン仕込み中。

全部で4種類。

明日焼き上げる予定。。。

どんなフレーバーかはまた明日。

さて上手に焼けてくれるかな。。。

| | コメント (7)

名古屋コーチン卵で作ったパステルのプリン

Dsc_0008
パステルのプリン。
とってもふるふるなめらかなイメージ。

先日masa君が名古屋にいった時のお土産第二段です。
パステルのプリンですが、、、名古屋コーチンの卵を使ったものらしいです。
見た目にもかなり色が濃い!!
店員さんによるとほかのプリンよりも濃厚な味わいだそうです。

Dsc_0009

いただいてみました。
スプーンをいれた時の弾力。
プルルン。
味わいもほかのプリンよりも卵の味わいが濃厚でキャラメルソースに負けてない感じがしました。

さすが、、名古屋コーチンなのか!?

| | コメント (0)

長芋の大葉和え

9141
揚げ物の時の副菜はあっさりしたがいいかな。
残ってた大葉をつかったメニューです。

長芋と一緒に中華風に和えてみました。

長芋は短冊にきっておき酢水につけておきます。
大葉は食べやすい大きさにきっておきます。
お酢に醤油、ごま油、おろしニンニク、すりごまを混ぜておきます。
長いもの水気をきって大葉と混ぜ合わせます。
そこに混ぜておいた調味料をかけてできあがりです。

少し時間を置くと大葉の香りがタレにうつっておいしいくなりますよ。

| | コメント (0)

大葉と梅肉の鶏巻きフライ

9142
鶏のむね肉を開いてそこに大葉と梅肉。
それをくるりと巻いてパン粉をつけてこんがり揚げました。

揚げ物ですが中に巻き込んだ大葉と梅肉のおかげなんだかさっぱりと食べれます。

鶏のむね肉の皮を取って分厚いところに切れ目をいれて開きます。
軽く塩こしょうをしておきます。
梅肉を巻き込むので塩は控えめでも大丈夫です。

大葉を洗って水気を切ります。
梅干しのタネをとって包丁などでたたいてお酒と醤油を少し加えてのばしておきます。

開いたむね肉に大葉、梅肉をおいてくるっと巻き込みます。
小麦粉をまぶして溶き卵、パン粉の順につけていきます。
パン粉をつけるときにしっかりとつけないと揚げてる間に巻きがはがれやすいので注意してくださいね。

180度でこんがりと揚げたら出来上がりです。

| | コメント (2)

バナナ黒酢

9131

バナナは食物繊維が豊富で、便秘の解消に効果が!!
また、バナナに含まれる糖質は疲労回復があったりビタミン類も豊富なため美肌効果も期待されます。
黒酢は、カルシウムの吸収を高めたり、バナナの糖分と黒酢の成分の酢酸は相性が良く、一緒に飲むことで疲労回復の効果が高まるそうです。
黒糖(黒砂糖)は、夏バテ予防にも効果があるカリウムが豊富で、カルシウムとマグネシウムが含まれているそう。

この3つを食わせるとダイエットや便秘解消にいい飲み物が生まれるとのこと。
以前も飲んだことはあったのですが、takakoさんのblogで拝見していて再び気になっていたので私も作ってみることにしました。

私は少し多めのこのバナナ黒酢をお水で割って飲むのが今好みです。
何となく牛乳より豆乳の方が合うような気がします。
ヨーグルトにかけてもおいしいかったな。
これで少しは便秘解消してくれるかな。。

| | コメント (4)

ARNISTONE BAY ROSE 2005

9123
南アフリカのワイン。
ピノタージュ種から作られたロゼワインです。

めったにロゼワインなんていただかないのですがいただいたので飲んでみました。
鮮やかなラズベリーのような色合いで、香りもラズベリーの甘酸っぱい感じでした。
でも酸味も程よく冷やしてのんでも全然味わいが崩れなかったです。
チェリーのような甘い感じもありましたが何となく後からぴりっとした胡椒のような味わいも追いかけてくる不思議な味わいでした。

ロゼもおもしろいな。
いろんなロゼ試したくなりました。

| | コメント (0)

旬のサツマイモでスイートポテト

913poteto

秋の野菜『さつまいも』
甘くてほっくりしてておいしい。
そのまま蒸かしたり焼いたりしても十分甘くて素朴なおやつ。

たくさんサツマイモがあったのでスイートポテトにしてしまいました。
茹でてつぶしたサツマイモに練乳、バター、お砂糖、生クリーム、卵黄を混ぜて。
カップに入れて表面に卵黄を塗って焼きあげました。

少しサツマイモのつぶつぶを残していたので食感も楽しめました。
練乳を隠し味に加えてみたのですがそれがいい優しい甘さを醸し出してくれてました。

たくさん作ったので妹の職場の方へ差し入れにしてもらうようにしたのですが、、、味の方はどうでしょう!?
わくわく。。。。心配。
でも旬を少しでも感じてもらえたらいいな。

| | コメント (6)

残った厚揚げは、、

9133_1

厚揚げの残りがあったので。
masa君が大好きな厚揚げの煮物を作りました。
おでんの具材の中でも厚揚げが一番!?好きなんですって。

じんわりと味のしみ込んだ厚揚げもまた美味ですよね。
ジャガイモと豚肉とタマネギも一緒に煮込みました。
少し甘辛い味付け。
shionもパクパク。

9132_1


その煮物も少しだけ残ってしまいました。
少しずつ残っただけでそれだけ。
そんな残りに物をアレンジしてshionの和風オムレツに。
残った具材を小さく切って溶き卵にいれて焼きました。
溶き卵には煮汁も少し加えて。
それだけでメインに早変わり。
こちらもおいしそうにパクパク食べてました。

9135

| | コメント (0)

バナナとブルーチーズの相性は!?

9121先日とまさん のところでkenさんのバナナとブルーチーズの雑穀クロワッサンをみた。
クロワッサンの中にバナナと一緒にブルーチーズが練り込まれているというもの。

バナナとブルーチーズ!?
合うのだろうかと思い試食してみました。

ブルーチーズ独特のぴりっとした塩気にねっとりと甘い芳醇な香りのバナナがとってもマッチしてました。
最初に口の中はブルーチーズの味わいに独占されてましたがバナナをかじった瞬間そのバナナの甘みがブルーチーズを優しく包み込んでまろやかにしていってくれました。

少し柔らかくしたブルーチーズにつぶしたバナナを加えて生クリームでのばしたものをライ麦パンにのせたらよりおいしかった。。。

今度はここにラムレーズンを刻んでいれてみたくなった。
そうするとこの芳醇な組み合わせにラムレーズンの甘みも加わってよりワインに合いそうなものになりました。

とっても素敵なマリアージュ。
この組み合わせ定番になりそうです。

| | コメント (2)

こんがり厚揚げにトローリあんかけ

912

先日から厚揚げをつかった料理が作りたくてうずうずしてました。
厚揚げをこんがり焼いてそれをメインに仕上げてみよう、、。
まずは魚焼きグリルに厚揚げをいれて両面こんがり焼いておこう。
今回は厚揚げからの油を利用したいので油抜きはしなくても大丈夫。
反対に余分な油が落ちてヘルシーに。

メインにするにはあんかけでボリュームup!! 白菜に人参、椎茸、茹でタケノコ、豚肉。 これらを食べやすい大きさに切って。
フライパンにごま油を熱してショウガ、豚肉を炒めて。
そこに人参、椎茸、白菜、茹でタケノコを加えていってしんなりするまで炒めます。
中華スープをお湯に溶いたものと醤油、お酒、オイスターソースと少しのお砂糖を加え味を整えて。
片栗粉でとろみをつけておきます。
こんがり焼けた厚揚げにとろとろ餡をたっぷりかけて。

熱々のうちに食べましょう。

| | コメント (0)

今年初めての栗きんとん

9122_1

岐阜の中津川にある『すや  』の栗きんとん。
9月から2月までの限定販売。
その栗きんとんを先日名古屋に行っていたmasa君がデパートの地下で買って来てくれました。

秋を感じさせてくれたこの栗きんとん。
栗と砂糖だけで水分なども加えられていないのです。
でもしっとり。
栗からの水分がちょうどいい食感にしてくれてるんです。
栗の素朴な味わいと少し残った栗の実がまたうれしい。

本当は緑茶やお抹茶に合うのでしょうが私は温めたミルクと一緒に味わいました。
何となく合う気がして。

とってもほっとする時間が漂うお茶の時間になりました。

| | コメント (0)

大根の煮物が恋しくて

Dsc_0011_1

朝晩が涼しくなってきましたね。
そろそろ煮物などの温かいものが恋しくなってきました。
コンビニではもう『おでん』が用意されていますよね。
やはりそろそろそんな季節なのでしょうね。

私もなぜか大根をじっくりと煮込んだものが食べたくなって鶏肉と人参と一緒に大根を煮てみました。
お昼ご飯のメインに。

和風に煮込んだ煮物はやっぱり白いご飯によく合います。
それに味のしみ込んだ大根はやっぱりおいしいです。

shionもおにぎりさんと一緒に。

Dsc_0012

| | コメント (2)

レシピを書き留めて

Dsc_0017

ある方が以前
  『お嫁に行くときにNAOKOさんのレシピ本が欲しい』
っていってくれたの

すごくうれしかった。
自分の作るものをそんな風に思ってくれてること。

なので自分なりにレシピを書き留めていくことにしました。

自分の研究の為にも。
その方の為にも。
『あっ、私も』って思ってくれる方の為にも。

どんなレシピ本になっていくかな。
わくわく。

どんなお料理やお菓子が生まれてるんだろう。。。
私流だけど、、、。
それがいいのかも。

| | コメント (10)

茄子とキムチのぐるぐる豚肉巻き

995

下味をつけた豚の薄切り肉で茄子とキムチを巻いてみました。

豚の薄切り肉を醤油とみりんのタレに30分ほどつけ込んでおきます。
茄子は縦に細長くきって水にさらして水気を切っておきます。
キムチも大きい時は食べやすい大きさに切っておいて。

下味のついた豚の薄切り肉を三枚ほど並べてその上に茄子とキムチをのせます。
あとは豚肉でぐるぐる巻いていってごま油を熱したフライパンでこんがり焼いて。
焼けたら取り出して食べやすい大きさにきったら出来上がり。

キムチの辛みが良いアクセントになった1品です。

これはshionバージョン。
キムチ抜きなのです。
手づかみでバクバク食べてました。
996

| | コメント (2)

その後・・・

心配してくださったみなさま左側のしびれ少しましになってきました。
少しずつ外に出て行くようになりました。
のんびり。
お菓子も少しずつ再会予定。
何を作ろうか。。。スコーン。マフィン。パウンド!?

あと仕事辞めることになりました。
精神的な回復の為にも。

料理やお菓子の研究、食材の勉強などしていけたらと。

みなさまこれからもよろしくお願いします。
おいしい情報やこんな料理やお菓子やパンっていういろんなお話していけたらって思ってます。
ここから食の発信できたら楽しいでしょうね。
その為にも私も頑張っていきたいです。

| | コメント (4)

大葉風味の野菜ソース

997

今月のmeetに載っていたなすとトマトの大葉香り炒め。
それを自分流にアレンジ。
なすとトマトの大葉香り炒めの料理自体はソーヴィニヨン・ブランにあうらしい。
ということは。。。(にんまり)

鶏のもも肉に塩こしょうしてごま油でこんがりとソテーします。
その間にソース。
茄子とトマトを小さな角切りにしておきます。
大葉は細長くきっておいて。
フライパンにオイルをいれてそこにニンニクのみじん切り。
香りが出ていたらまず茄子をいれて炒めます。
そこにトマトも加えて。
トマトが崩れて来たら塩こしょう、そして大葉。
最後に醤油とごまを加えてさっと炒めてできあがり。

こんがり焼けたチキンに野菜のソースをのせて。

ごま油でソテーしたチキンにこの野菜のソースはナイスコンビでした。
これならソーヴィニヨン・ブランはもちろん軽い感じの赤ワインでも合いそうです。

| | コメント (0)

少しずつ

991
少しずつ何かを始めようと思い買った本。

フードコーディネーター教本。

読んでみる価値ある。
だって面白い。
食に関するいろんなことを自分なりに勉強するものいい。

少しずつ近づいていきたい。

何か得られるそんな気がする。

| | コメント (4)

生鮭のおいしい季節

994
ぷっくりした身と赤みのおいしそうな色合いの生鮭。
そんな旬の秋鮭をそそくさと買い込んで。

今日は白ワイン。

だったらムニエルに。
ソースは!?
レモン汁をきかせたカレー風味なんてどうかな?
そうだエリンギやズッキーニも添えちゃおう。

軽く塩こしょうした鮭に小麦粉はたいてオリームオイルで皮目からこんがりとムニエルに。
一緒にエリンギやズッキーニも焼いちゃおう。

その間にマヨネーズにカレー粉、レモン汁、胡椒、牛乳でソースつくって。。。
レタスをザクザク、ブロッコリーを茹でて。

皮目ぱりっと焼きあげた鮭は油がのって。。。。
レモン汁きかせたソースがよく合いました。
もちろん白ワインにも。

こちらはshionプレート。
旬の秋鮭をおいしく召し上がれ。
993

| | コメント (5)

SILENI CHARDONNAY 2003

992
SILENI CHARDONNAY 2003セラーコレクション

最近お気に入りのSILENI。
ニュージーランドのワインにいま興味をもっているので見つけたら買ってしまってます。

これは値段の割にとっても飲みやすくなおかつおいしい。
シャルドネのもつ芳醇なやさしいアロマ。
洋梨やリンゴのようなさっぱりとした甘みを感じ、時間をおうごとに蜂蜜のようなとろっとした甘みも感じられました。
のどごしに軽い酸味を感じそのあとすっとのどを通っていく。
ふと思ったのですがミツバチがおいしい花の蜜を飲んで作る蜂蜜。
それならこのワインの蜂蜜の味わいは洋梨やリンゴの蜜を表現した感じなのかもって。
そう考えて飲んでいて楽しいワインでした。

| | コメント (2)

食べたくなって夏野菜で最後のラタトゥーユ

971

もう夏も終わりになってきた
日中の気温もだんだん過ごしやすく朝晩は涼しいぐらい。

先日pylorieeeさんのところでラタトゥーユを拝見した。
チキンカツにそえられたラタトゥーユをみてどうしても作りたくなった。

夏野菜でおいしく作れるのもこれが最後かも。
茄子にピーマン、タマネギ、人参、ズッキーニ。
もちろんトマトもだ。
それらをオリーブオイルとニンニクでじっくり炒めてホールトマトと塩で煮込んだ。
ぐつぐつ。
最後に緑の枝豆をいれて。
野菜の甘みたっぷりのラタトゥーユ。

ガーリックソテーした豚ヒレ肉にそえて。
たっぷりキャベツとともに。
いただきましょう。

あっ白ワインも開けちゃいましょう。

外から入る風は夏から秋へと。
夏を惜しみながらおいしく夏野菜。

| | コメント (0)

今日のshionのランチ

Dsc_0001_1
今日のshionのランチ。
チキンライスのブロッコリー添え。

お米大好きなshion。
そんなshionの為にチキンに茄子にズッキーニ、人参、タマネギもいれて。
お野菜もお肉もちゃーんと食べれるように。
トマトケチャップと塩、胡椒、コンソメで味付け。

Dsc_0010

パクパク。
ブロッコリーは手づかみでパクパク。
ブロッコリーは何もつけなくても好きみたい。
お口周りが真っ赤か。

すぐにぺろり。
ごちそうさまでした。
Dsc_0011

| | コメント (6)

残った生地でスティックスコーン

974
残った生地は細長いスコーンに。

なぜなら、、、。

shionがもって食べるのにちょうどいいから。
そのままカジカジ。。。パクパク。。。。
クランベリー大好きだもんね。

プレーンの方もそのままパクパク、、、カジカジ。。。。
すぐになくなっちゃった。

ごちそうさま。

973

| | コメント (2)

今度は四角くシンプルに・・・

978

また焼いちゃいました。
スコーン。
今度もオリーブオイルであっさりと。
今回は全粒粉と薄力粉だけのシンプルなものと、クランベリーを入れ込んだだけのものを四角い形で焼きあげました。

977


全粒粉にクランベリーの方はやっぱりいつも作りたくなるスコーン。
生地から見えるクランベリーの赤い色合いが好き。
この甘酸っぱさが好き。


976


薄力粉と全粒粉のプレーンはこのコとの相性を試したくて、、、、。
そのコは・・・・・。
ミルクジャム。
オリーブオイルで甘さ控えめで作ったスコーン。
だからこそミルクジャムみたいな甘いジャムの味を楽しめるかなって。


975


うん、この少ししっとりした中の生地にミルクジャムの甘みがしみ込んでいったよ。

もう一つはどのコとあわせてみようか、、、、。
もしかしてオリーブオイルをかけてお塩を少しもいいかも。
フォカッチャ味わうときみたいね。
そういう風に食べるなら表面にくぼみ今度つけて焼いてみようかな、、、。
わくわく

| | コメント (4)

豚肉とお野菜の中華風炊き込みご飯で元気一杯に

781_1

毎日日に何回か襲ってくる左の痛みとしびれ。
昨日は朝方にいろいろ家事を頑張ってたら痛みが、、、、ひどくなってしまいました。
でもお昼ご飯の準備しないとって考えたら少し元気が。

こんな時こそ豚肉パワーで疲労回復。
って思って作ったのが中華風の炊き込みご飯。
もちろん野菜もいっぱい。
茄子にピーマン、人参。
先にごま油にショウガ、豚肉、野菜をいれて炒めて塩こしょう。
そしてオイスターソースで味付け。
お米をといで水気を切って炊飯器に。
中華スープをそそいで炒めた具材をそのままのせて炊き上げました。

あとは大根と人参のお味噌汁。
たっぷりの刻みネギをいれて。

中華スープを吸い込んだお米、具材からのあじわい。
炊き込むっていうことで混然一体になってうまみ倍増してくれたのかな。
もりもり食べて疲労回復効果得られたかな。


| | コメント (0)

枝豆

961
枝豆。

夏の食卓にちょっとしたおつまみに。
お父さんのビールのお相手ってそんなイメージが強い。

鮮やかな緑色のさやから飛び出すのは黄緑色のコロンとかわいいお豆さん。
塩気がきいて茹だった枝豆。
それは子供の頃から大好きな味だった。
そして今も大好き。
ついつい食べ過ぎちゃいます。

もうすぐ丹波の黒豆の枝豆がぷっくり食べごろ。
こちらは豆が大きめで少し茶色っぽい。
でも大きめで味も濃くて、、、なんだかちょっと高価な枝豆。
今年は食べれるかな。

そんな枝豆。
私なりのおいしい茹で方。
枝豆に塩をふって1時間ぐらいそのままに。
そしてさやの両端を少し切り落とす。
多めのお湯ですこし多めのお塩。
そこに塩をした枝豆をそのままいれて。
好みの固さまでゆでる。
これが私流。

あぁ。。。今日もついつい食べ過ぎちゃいました。。。

| | コメント (8)

ホタテの和風カルパッチョと三種盛り

963
ホタテのお刺身。
それをアレンジして和風カルパッチョに。

大根を細い千切りにして塩をしておいて水気を切ります。
大葉は半分に切って。
それをホタテに切り込みをいれて間に挟み込みます。

そのホタテの上にオリーブオイルと醤油を1対1であわせてそこにわさびを混ぜたものをかけて。
和風なカルパッチョ。

962
三種盛りは、、、24年熟成コンテ(チーズ)、枝豆、野沢菜のわさび漬け。
なんとも酒飲みな盛り合わせですね(笑)

でもこのコンテとってもおいしいんです。
そのままでも十分深いチーズの味わい。
舌に残る程よい塩気。
何となくわさび醤油につけて食べてもおいしいかもって。
そんな風に感じたな。。

                        

| | コメント (4)

阿蘇のパン屋さんのスコーン

Chocoscone_1

きっちょむさんからのおすそわけスコーン便に入ってた阿蘇のパン屋さんのスコーン。
チョコチップとクルミ入り。

表面はサクサクしてるの。
なんだかラングドシャのクッキーのようにサクサク。

でも中身はしっとり。
生地も少し甘めなの。
だから何もつけずにパクパク食べれちゃいました。
クルミは大きめのカットでごろり。
チョコチップの甘み。
たまにはこういうなかしっとりもおいしいな。

自分では甘さ控えちゃうからね。。。
今度はこういう甘めのおやつスコーン作ってみようかな。

| | コメント (6)

この食材とスパイスで

952
ズッキーニ、茄子、タマネギ、人参、チキン。
この食材でカレー作り。
今回はスパイスを加えていって自己流カレー。
シナモンにクミン、ガラムマサラ、ターメリック、チリパウダーなどもりだくさん。
ショウガもニンニクも!!
トマトジュースもくわえて。
ヨーグルトに隠し味にスパイシー醤油なるものを。
だんだんカレーになっていく、、、、。
なんだか不思議なスパイスマジックをみてるみたい。

できあがり。

951

野菜が柔らかくとけ込み合って、、チキンも柔らかほろっと。
スパイシーな味わいがとても素敵。
自分で初めて調合してつくったカレー。
おもしろい。。。
今度は豆カレーに挑戦かな!!

このカレーshion用にはヨーグルトとケチャップ、ソース、蜂蜜などを加えて食べやすい味わいに。
パクパク。。。。パクパク。
おいしそうに食べてました。

| | コメント (2)

むずむず、、、スコーンつくちゃいました

Dsc_0002_1
痛いけど・・・しびれてるけど。。。
作りたくなって。
作ってしまいました!!オートミールたっぷりの全粒粉スコーン。

今回は初挑戦でオリーブオイルを使って。
有元葉子さんが作られてるのを拝見してオリーブオイルでも作れるんだって思って作りました。
有元さんのレシピを参考にしながら作ってみました。

薄力粉に全粒粉、オートミール。
ザクザクを目指して。
4
プレーンのオートミール入り。
オートミールと全粒粉を楽しむ為のスコーン。
これはお食事スコーンかな。
だって甘さ控えめでサラダとかスープに合わせて食べたい感じに仕上がった気がする。
何かつけるなら。。。バターに蜂蜜たっぷりだな。
3
もう一つは、、クランベリーにラム酒漬けレーズン、グリーンレーズンなどいれたもの。
私の大好きな物たくさんスコーン。
オートミールと大好きなドライフルーツギュとスコーンだね。

さぁ頂きます。

Dsc_0006_1

| | コメント (8)

今週も

まだ左手が不自由。
リンゴや梨が重たくて。。
shionに食べさせるのもいっぱい一杯。。。

でもおいしそうに食べてくれるなら作れるの。

だから今週もお仕事お休みさせてもらうことに。
なのでその分時間かかっても料理をのんびりと。
どんな料理作ろうかな。。。
どんな料理食べたいですか?

はやくお菓子も作れるようになりたいな。
どんなお菓子作りたいかな。。。

| | コメント (0)

突然の来客にこんなおつまみ

94
日曜の夕方晩ご飯用に豚肉を酒蒸しにしてました。

そんなとき玄関のチャイムが。
知り合いの方の突然の訪問。

一緒に夕食を囲むことに。
でも突然だったので何も用意してない。
なので酒蒸ししていた豚肉をアレンジしてみました。
ビールを飲み始めていたのでビールに合うように。

塩こしょうして酒蒸ししていた豚肉のロースの塊を一口大に切ってお皿へ。
その上に小さく切った茄子とピーマンをごま油とショウガでいためておいたものをのせます。
上に鰹節をたっぷりとのせて。
ポン酢をかけて出来上がり。
簡単おつまみに仕上がりました。

後はコンテ、ブルーチーズ、クラッカーの盛り合わせ。
野沢菜のわさび漬けなど。
ほんとおつまみな夕食になりました。

| | コメント (4)

きゅうりと茹で鶏のピリ辛漬け

Dsc_0003
これは本当におすすめ!!
夏の疲れた体をいやして食欲もかきたててくれます。

お酢の効果で後味もさっぱりです。

きゅうりを乱切りににして塩をふっておきます。
鶏のむね肉はたっぷりのお湯に白ネギとショウガを1かけいれて茹でておきます。
お箸を刺して肉汁が白っぽくなっていたら茹で上がった証拠。

その鶏肉は食べやすい大きさにきっておきます。
きゅうり余分な水分も拭き取って。

醤油と酢を3対1の割合で混ぜ、そこにお砂糖、一味加えます。
そのあとすりごまも。
そこにきゅうりと鶏肉をつけこんで半日。。。

しみ込んだこの味わいは。。。もう最高です。

| | コメント (12)

shionのプレートは

8312
shionのプレートは。。。。
大好きな海苔のおにぎり。
コロコロ。
そこに鮭のムニエル。
大好きな茄子のソテーとブロッコリー。

茄子は肉汁しみ込んだところをお裾分けだよ。

shionはワインって分けにはいかないので。。。。葡萄ジュースで我慢してね!

| | コメント (4)

茄子とチキンのサンド

8313

塩こしょうで下味をつけた鶏のもも肉。
それをそぎ切りにスライス。
少し分厚く茄子を縦切りに。

鶏肉、茄子の順に耐熱皿の上に重ねていきましょう。
そのときにオリーブオイルを少しかけていくことも忘れないように。
それに刻んだニンニクも!!
あっ、ローズマリーもかくれんぼ。
最後は鶏肉でフィニッシュ。

それをオーブンに入れて180度で焼くこと40分。。。。
鶏肉から出て来た肉汁を茄子が吸収していってます。

トマトの裏ごしにニンニク、オリーブオイル、塩、バジルをいれてソースに。

ソースをのばして。
その上に焼けたお肉と茄子を。

さぁこれは赤ワイン注いで待ってましょう。
肉汁しみ込んだ茄子が。。。。うふっ。

| | コメント (4)

Sauvignon Blancにはまってます

W
今私Sauvignon Blancにはまってます。

夏の暑い時期好んで白ワインを飲んでいた私。
いろいろ飲んでみたのですが、、、品種としてはSauvignon Blancになぜかぞっこん。

グラスに注いだ色合いは淡い黄色っぽい物が多くレモンの果汁のよう。

香りは緑の草。
芝生の上をゴロゴロしてる時の香りにてるような気がします。
そこに柑橘系のさわやかな香りも感じることのできるものも。

飲み口はきりっとすっきりしたものが多かったのでこの夏の暑い時期私にあっていたのかも。
もっといろんな品種も楽しんでいきたいな。
次は何にはまるのかな?

もうすぐ秋だしそろそろ赤ワインかな。

| | コメント (4)

冷しゃぶのピリ辛サラダ

8297
8月の終わり。
夏がだんだん過ぎ去っていきますね。
でもまだまだ暑い日が続いてます。

やっぱりあっさりしたものが食べたい。
でもピリ辛も捨てがたい。。。。

ということであっさり冷しゃぶをピリ辛のドレッシングでサラダ仕立てに。

お湯でさっと茹でた豚肉を冷水にとって冷やしておきます。
その間にキャベツを千切りにして、トマトは角切りに。

ドレッシングは、コチュジャンに醤油、お酢、ニンニクを混ぜたもの。

冷しゃぶの上にキャベツとトマトをのせて、たっぷりとドレッシングをかけてどうぞ。

ビールがすすむこと間違いないですよ〜〜。

| | コメント (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »